愛・天地人博 南魚沼へ行ってきました

愛・天地人博 南魚沼へ行ってきた。

Tentijinhaku

入場券を買うと、南魚沼産こしひかりが一合付いてくる。

旧・六日町と塩沢町が合併した南魚沼市は、NHK大河ドラマ「天地人」の主人公・直江兼続の生誕地であり、また私が20代の前半に大変お世話になった土地でもあり、私自身今でも旧・六日町、塩沢町に対しては一方ならぬ強い思い入れのある土地である。

故に、この「愛・天地人博 南魚沼」には是非とも行かねばならぬと、年明けから、その機会を窺っていた。

先日1月19日、遂に、天の時はやってきた。

午前中、家族と一緒に、旧・塩沢町の舞子高原スキー場で遊び、15時頃には、帰りの途中で会場の六日町駅に到着するという、正に地の利

後は、人の和を残すのみ。

昼過ぎには、私の気持ちは既に浮ついていた。

「子供たち、早く帰ろうって言わないかな~」とか

「パパ、早く天地人博行こうよ」って、

言ってくれないかなぁと、私は心の中で「早く帰ろうって言いなさい」と呪文の如く唱え続けた。

会場に着くと、受付に叩きつけるように、千円札を一枚出し「大人2枚」と告げた。

子供達が私の脇をすり抜け、会場に走っていく。

「あっ、まだダメだ!パパが一番だ!」

とあせりまくる私の前になかなか入場券が出てこない。

私はイラついた。

「早くせぬか!」私が半分キレかかった時

受付娘が私に言った。

「あと、200円足りません」

「あっ、そう?」

と、私は半分赤面しながら、不足の200円を支払い、入場券とオマケの米をもらって、そそくさと会場に入った。

Tiket
大人一人¥600でした!

最初は「大河ドラマゾーン」。登場人物のパネルと実際の衣装や小道具の展示が中心である。

5歳になる長男に、同じ5歳の与六はこんな服を着ていたんだ、と聞かせた。

私は、NHK出版の大河ドラマ・ストーリー「天地人」前編を熟読してきたので、ここら辺の展示について、さして見るべきものは感じられなかった。

正直なところ、入場料600円だと、こんなものなのだろか?と一抹の不安のようなものを感じた。

その先に進んだ時、一筋の光明が見えた。

直江兼続の愛の前立の兜の着用コーナーだ!

やった!よし、ママ、写真撮ってくれ!

と、妻に言い、私が兜に手を掛けた時、

「写真、お撮りましょうか?」と誰かが背後から声を掛けてきた。

でた。写真の業者である。

「これは、お宅さんから写真を撮ってもらわないと体験できないんですか?」と尋ねると、

そういう訳ではありませんが、良かったら買って下さい。

「ちなみに、おいくらですか?」

一枚1000円です。お客さんのカメラでもお撮りしますし、こちらでも撮りますので、良かったらどうぞ。

こういう商売のやり方は、私が最も忌み嫌うやり方であり、何となく買わざるを得ないような心理状況を作り出し、結局は後味の悪さを残す。

よく、大恐竜展とかに行くと、必ずそういう商売をしている。がっかりである。

「撮って下さるのはありがたいですが、お宅の写真はいりません」と私は言った。

業者は、それでも結構ですよ~、と言いながらも、しっかりプリントアウトし、訳のわからんヘンテコなフレームの写真を私たちに見せて、良かったらどうぞと繰り返した。

私は「いらない」と言い放った。

ヨメさんが、「そんな事言っていいの?」と不安な表情をした。

私は更に「いらない」と言った。

業者は、それでもニコニコしていたが、目が笑っていなかった。

この時点で、はっきり言って、興ざめた。

写真の業者さんが悪いのではない。

そういう、詮無きブースを設けている、主催者の小さな利に走る姿勢に、がっかりした。

なんのための博覧会なんだい?

火坂先生の原作を本当に読んだのかい?

「仁愛」って言葉を知ってるのかい?

本来ならば、そこにいるべきは「写真業者」ではなく、なぜ兼続が「愛」という文字を前立に掲げたのかとかを解説してくれたり、希望があれば無料でシャッターを押してあげたりする、職員ではないのかね?

そこに「愛」はあるのかね?

私は、「怒り」というより、悲しさや情けなさで胸が詰まった。

一番最後の出口にお土産物コーナーがあるのはいいとしても、来場者へのアンケートすらない。

これで、12月27日までもつのかい?

私は決して批判をしたいのではない。

米沢に負けないためにも、もっと来場者の声に耳をかたむけ、常に飽きさせない、また行きたいと思える、すばらしい博覧会になってほしいだけなのだ。

だから、いい展示や会場づくりをするためは、もっと入場料を上げてもいいだろうし、オマケの米などは全員に配るのではなく、きちんとアンケートに応じた人にあげてもいいと思う。

場合によっては、もっとNHKから強力なバックアップも要請すべきだ。

私は南魚沼という場所にかつて本当にお世話になった。

だからこそ、敢えて言い難いことも、言わせてもらう。

原作「天地人」の中で、不識庵謙信は兼続に語っている。

『わしは信長に、いや天下の万民に、利を得るよりも崇高なものがあると知らしめたい。人が人としてあることの美しさ、それがわしの考える義だ』

これは、南魚沼のために決して、「宴」に留まってはいけない。

越後が誇る偉大な人物たちの生誕地、縁の地として、主催者は、おのれの「義」と「愛」を掲げ、後世に語り継ぐ、重要な一年でなければならないのだ。

Kabuto

| | コメント (0)

新潟清酒達人検定

ようやく、新潟清酒達人検定の申し込みに行ってきた。
まだ、日にちがあるから、まぁ、いいかと思っていたら、もう締め切り間近。
慌てて、郵便局に振り込みに行ってきた。

申し込み用紙は、麒麟山の斎藤社長がガサッと置いていったし、
テキストも売るほどあるのだが、

パラパラ~と眺めただけだった。

Kenteitext







「値段の割りに、写真とか少ないっスよねぇ」と以前、斎藤社長に率直な感想を言ったら、
「やっと形になったんだから、まぁ、そこらへんは今後の課題だね」と言っていた。

確かに、このようなご当地検定を一つの形にするには、ご自分のご商売そっちのけで東奔西走した、当事者の皆さんのご苦労は大変なものであったと思う。

改めて、敬意を表したいと思うし、是非とも成功してほしい。
そして、一人でも多くの皆様が、新潟清酒のファンになって、それをより多くの人に語ってほしいと思う。

恐らく、今回、初めての試みということで、多くの問題点が出てくると思う。
中には、それによって不快な思いをする場合もあるかもしれないが、ここは一つ、ナンチュウカ、大人になって、あたたかく協力をするべきと考えます。

先日、あるお客様が「字が多くて・・・どうもねぇ・・、漫画かなんかにしてくれるといいのに」と言っておりました。

いいアイディアだと思います。
これまた、都合がいいことに、新潟は「漫画王国」らねっかね。

今回の検定もかなり限られた予算の中で、強行しているそうなので、
水島新司先生や高橋留美子先生のような、充分に稼ぎのある巨匠から、
商業ベース以外のところで、是非ともご協力下さると、ばっかいいかと思います。

なお、個人的には、プロ野球界からは、新潟出身の今井雄太郎氏の協力を強く要請したいと思います。

| | コメント (0)

戦国自衛隊

陸上自衛隊:小銃など持ち隊員行方不明 滋賀で演習中

 陸上自衛隊第10師団(名古屋市守山区)は14日、陸自あいば野演習場(滋賀県高島市今津町)で同日午後に行っていた訓練中、第10特科連隊の男性隊員(20)=1等陸士=が小銃と銃剣などを持ったまま行方不明になったと発表した。弾薬は携帯していないという。同隊は700人体制で捜索している。(毎日新聞ニュース)

Photo_2 

不謹慎な発言なのかもしれないが、ひょっとしたら、戦国時代に行ってしまったかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンジラレナ~イ!

遂に、私が小学校3年生からの悲願の夢、日本ハムファイターズが日本一に輝きました!

もう、シンジラレナ~イ、北海道のミナサンは世界でイチバーンです!

1161869431

8回、私も新庄のように、心の涙が溢れて溢れて堪りませんでした。
私の心の涙のせいで、部屋の湿度が異常に上がってしまい、嫁さんは慌ててエアコンの除湿をかけました。

今夜はサッポロビールで泥酔します。
ひょっとしたら、泥酔のあまり、大の大人がお漏らしをしてしまうかもしれません。

一応、日ハムが優勝したら「何かする」と言ったので、何かします。

日ハムの44年ぶりの優勝を記念して、アジアシリーズ終了(11月12日)まで、
送料を44円(税込)にします(但し沖縄・離島は除外させていただきます)。

但し、このブログ、及び店のHPを見てご注文下さった方、注文フォームの「備考欄」に

「私も日ハムのファンです」と必ず書いて下さい。

お電話、FAXのご注文も

必ず「私も日ハムのファンです」と書いて下さい。

書いていない方は、送料は44円にはなりません!

ご注文後の自動配信では通常の送料計算となりますが、「ご注文ありがとうメール」で再計算いたしますので、ご心配なく!

もう、シンジラレナ~イ!

| | コメント (0)

大事な話

だいぶ、ご無沙汰の更新になってしまいましたが、今から、大事な事を言わなければなりません。

私が仮にクリスチャンならば、「神よ許し給え」と言えば、とりあえず何とかなるのかもしれませんが、そういう立場ではないので、正直に言おうと思います。

実は、日本ハムファンなのです。

まずは、にわか日ハムファンではない、一応の証拠を提示します。

Ham_1

田中幸雄、西崎、広瀬。

日ハムのファンクラブの会員のみが持ち選る1996年度の「テレフォンカード」です。

1996年度のものですから、当然ですが、江夏は映っていません。

かつて、日本のプロ野球がこれ程までに下火になる前、即ち、プロ野球全盛期と言われる時代に、

「好きなプロ野球の球団はどこですか?」という、極めて他愛もない質問に、

私は、頑なに「日本ハムです」と応え続けてきました。

何度も「はぁ?」という顔をされました。

急に話題を変えられたことも幾度もありました。

訊ねた相手が、日ハムの選手の名前を知らず、会話が途切れました。

屈辱でした。

「小学校3年生くらいから、日ハムファンでした」と追撃すると、

相手はもう、戦意を喪失し、まるで哀れみのような眼差しで私を見たものです。

昔から、なぜ、ホームグランドが、ジャイアンツと一緒なのか?

それが、たまらなく、本当にたまらなく嫌でした。

何故かと言うと、私は、王貞治と原辰則と江川卓を除いてジャイアンツは嫌いだからです。

だから、北海道、札幌への移転は、本当に喜ばしいことでした。

100万都市の札幌しか、受け入れられないと私もかねてから思っていました。

そんなことは、どうでもいいんです。

今年、日ハムがリーグ優勝を決めた時、そりゃ、もう、「ヤッター」って思いましたよ。

もう、私、喜びのあまり、ガンガン飛び跳ねて喜んじゃってね、あまりにも高く飛び跳ねちゃったもんだから、天井に頭を「ガーン」とぶつけちゃって、その衝撃で、屋根の瓦がガラガラッーーって落ちちゃって、もう大変でしたよ。

そいで、家族なんかは、私のあまりの発狂ぶりに、救急車なんか呼んじゃって、おかげで、近所じゃ、「あそこん家の息子さん、もうダメらしいよ」って変な噂までたてられちゃって、ある意味、評判の息子になっちゃいましたよ。

ヨメさんなんかはね、保険屋に電話なんかしちゃって、入院したら日額いくらでるか、とか死亡保障はいくらくらいになるのか?なんて一生懸命に電話で確認したりして、それで、何故か翌日、新たしい自動車のカタログなんかが、わざとらしく出しっぱなしにしてあったり、妙な計算をした紙を見えるところに置いておかれたりして、ある意味夫婦の絆が深まりましたよ。

っていうのは嘘なんですけど、日ハムが日本一になったら、なんかしようと思います。

| | コメント (0)

チャングムについて

恥ずかしながらも、毎週土曜日の夜、「チャングムの誓い」を見ている。

会合や何かで外出していて、見られない時は見られないで、特別ビデオを撮るとか、ビデオを借りてくるとか、そういうことはしない。

「見られたら見る」という、極めてトートロジカルな見方が「チャングムの誓い」における私のスタンスである。

しかし、まぁ、アレだな、こうナンチュウか、チャングムはすごいな。

何がすごいかといえば、毎回、チャングムを陥れようとする輩の巧妙かつ緻密な謀略に度肝を抜かれるし、また、国家を司る官僚としての意識の低さや、為政者、即ち国家のリーダーとしての素質さえも疑わざるを得ない能力のなさに毎回同情を禁じえない。

しかしながら、そのような状況で、どんなに陥れられても、あきらめずに踏ん張るチャングムの姿勢には学ぶべき点が非常に多い。

最も学ぶべき点の一つは、やはり「あきらめない」という事であろう。

「あきらめない」ということは、自らの「希望」に到達するための「手段」だ。

もし、私がチャングムだったら、そりゃ、もう、絶望の淵で、そこから這い上がれませんよ。

その「あきらめない姿勢」、それはチャングムのもつ「人間力」を構成する最も大きな要素の一つだ。

そう言えば、「あきらめない」に似た言葉で「しつこい」という言葉も、ほぼ同義だとおもうのだが、ニュアンスとして、何となく「しつこい」とは、

「あきらめない」ことを「手段」ではなく、「目的」としている

という、感じがする。

「○○君って、しつこいよね」

「○○君って、あきらめないよね」

明らかに後者の方が印象はいいと思う。

まぁね、私、そんなことはどうでもいいんですよ。

わたしゃ~ね、思うんですがね、その「チャングムの誓い」に出てくる、王様ね、あんたね、吉宗や金さんみたいに、もっと市井に出なきゃダメでしょ。

NHKによると、あんた自称、改革派かなんからしいじゃない?

でも、あんたの周り相当腐ってますよ。

私、毎回、もう、ハラハラ、ドキドキして見てるんですから。

あのさ、宮中で美味いもんばっか食べてるだけじゃなくてさ、あんたじゃなきゃ、できないことがあるんじゃないの?

仮に、私が寿司屋のカウンター席にいて、隣にその王様が座っていたら、そう言うね。

Photo_7

Photo_9 

王様だーれだ?

| | コメント (0)

男にとって大切な事

『韓国のカルト教団「摂理」の教祖が、日本で複数の女性信者にわいせつ行為を繰り返していたとされる問題で、元信者の女性がFNNのインタビューに応じ、教団の実態を証言した。

元女性信者は「彼(鄭教祖)が来ると、日本各地で信者が集められて、集会が開かれましたね。

彼がそこで教理を数時間語るんです。熱狂です。

あの集団の中にいるには、鄭教祖を認めないことにはいられませんよ」と話した』

Yahoo News「FNNニュース」より)

やはり、男にとって大切な事は、ルックスより、トークだなぁ、と思った。

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)