金曜日には・・・

溝呂木健一先生からのオススメで、

松崎俊道氏のメルマガ、「~ヤナことがあったら水曜日に水に流そう(57秒の元気術)~」を読んでいる。

タイトルどおり、原則、毎週水曜日の朝に配信される。

稀に、松崎先生が水曜日の朝早く出張に行かれる時は、火曜日の夜に配信される。

実は今日、ちょっと「ヤナこと」があった訳だが、今日は金曜日なので水に流せないので、来週まで持ち越さなければならない。

それ自体も「ヤナこと」である。

では、「ヤナことがあったら金曜日に金で流そう」してみたら、

意味としては「金で解決」。

「金で解決できないものはない」とか

「オラ、金もってんどー」とか

男なら、い、い、い、一度は使ってみたい言葉だ。

ある意味、それは「男のロマン」に分類され得ると、私は思う。

しかし、そもそも、その解決すべき金が全く無いという現実が、ロマンとの距離を一層広げ、ロマンというよりもむしろ「妄想」の領域まで達している自分が、とても悲しい。

とりあえず、諸君、

「ヤナことがあったら、金曜日に日本酒を飲もう」

とすれば、良い事にしようではないか。

毎日使えると思います。

| | コメント (0)

今日のいい話

本日、田上町商工会青年部の新年会。

会場は、初音旅館

久しぶりに、麦酒を飲んだ。

ボクちゃん、普段、ビールや発泡酒とか炭酸系飲まないんだから(夏以外は)。

アルコール度数が低いのにも係わらず、

以外に酔う。

なぜ、以外に酔うのか?

それは、その宴会にやって来たコンパニオンが凄かったからです。

コンパニオンが入ってきた時、座が一瞬、相当に白けた。

「オメー、コノヤロー、金返せ!

青年部員一同、ヤケ酒状態。

酒が進むこと、進むこと、宮尾すすむ。

男同士の極めてまじめな話に終始。

まぁ、それはさておき、私にとって、マイ・フェイバリットいい話。

いいですか、よく聞いてくださいね。

実は、田上町商工会の会長である中越製陶の佐野社長の自宅にある、二宮金次郎は、

実は、像ではなく、

常滑焼なんですよ。

いいですか

あの二宮金次郎常滑焼きなんですよ。

大事なことなので2度言いました。

この事を知っているのは、田上町で私ただ一人です。

| | コメント (0)