夏の自由研究(7)

飼育ケースのあるところは、敢えて電気を消し暗くしている。

私は足音を立てないように、そろりそろりと静かに飼育ケースに向かった。

私はまるで、「スターどっきりマル秘報告」

「寝起きのコーナー」の田代まさしのようだった。

相手は、女性アイドルではなく、クワガタムシなのだが、夏休みの子供達のアイドルであるという、「アイドル」という点では共通であろう。

「おはようーございます」と、

私は声を小さく細くして、つぶやきながら近づいた。

そして、合鍵で鍵音がしないように侵入する田代まさしのように、音がしないように飼育ケースの蓋を取った。

真っ暗でよく見えない、飼育ケースの中からは、

「カサカサ、カサカサ」

とクワガタムシが活動している音がしている。

当たり前だが、いくら気持ちは田代まさしになりきっているといっても、

さすがに、当時の田代まさしが、アイドルの飲みかけのジュースを舐めたりするように、クワガタの食べかけの昆虫ゼリーを舐めたりはしない。念のため。

暗くて、よく見えないので、私は、「いっせいのせい」で、電気をつけた。

そりゃぁ、もう、オスがメスに一所懸命にを語っていらっしゃいました。

急に明るくなったことで、クワガタムシのオスは動きを止め、

メスは「キャー、恥ずかしい~」と言わんばかりに、土の中に潜っていった。

オスの方は、

「ベ、べ、別に何もしてねーぜ。

ちょっと、メスにおんぶして、おしゃべりしただけだぜと、

なにかバツが悪そうに、うらめしいような感じだった。

私は、そんなクワガタムシをほほえましいと思いつつも、

君たちは、しょせん昆虫なんだから、私に遠慮することないよ

と言ってあげたかった。

私は、再び部屋の明かりを消してあげた。

そして、少し経った頃を見計らって、また、いきなり電気をつけた。

またまた、一所懸命に愛を語っていらっしゃった

そしてまた、メスは「キャー、恥ずかしい~」と言わんばかりに土の中へ潜っていき、

オスも「ベ、べ、別に、何もしてねーぜ」と、さっきの繰り返しになったのだが、

今度は、オスの方が

「オメー、いい加減にしろよな」

と私に言っているようだった。

「ちがう、そうじゃない」

と、私は田代まさしから、鈴木雅之で切り返したつもりだったが、

そんなことはクワガタムシが知る由もない。

私は、少し反省をしつつも、安堵して、電気を消し、眠りについたのだった。

つづく

| | コメント (0)

夏の自由研究(6)

その少し前から、

「カブトムシのメスか、ノコギリクワガタのメスが居そうなところ知らんか?」とか、

年寄りのお客さんに「くぬぎの木があるところ教えて」と、なんとなく聞いていた。

私の尊敬する酒屋の親しい先輩は、
「ホームセンターに売ってるじゃん」などと言う。

それに対し私は、
「そんな夢のない事を言ってどうするんだ!アンタみたいなオトナには、なりたくないね」

などと言って強きの発言をしていた手前、「買ってくる」という行為にかなりの抵抗があった。

しかし、もうそんな事を言っている場合ではない。

私は遂に、断腸の思いで、「オトナの道」を選択をした。

県内最大手のホームセンターで、ノコギリクワガタのメスを調達した。
一匹、380円。
メスの個体数が多い方が、ペアリングの可能性が高まるとの事で、2匹購入した。

レジで順番を待っている間、私はなんとも惨めな気持ちだった。
安易な手段に走ってしまったという罪悪感と悔しさで、お金を払う時、涙が溢れそうになった。

アルバイトのレジの女の子は、「なんで、この人泣いているのかな?」と思ったに違いない。

レシートには「ノコギリクワガタ メス」とか書いてあるのかな、と思ったら、
「ペット コンチュウ セイタイ」と書かれていた。
このホームセンターは、ノコギリクワガタのメスには商品コードが振られていないんだな、それも悲しかった。

ちなみに、ノコギリクワガタのオスは、一匹980円だった。

家に帰ると、子供たちが居ない間に、そっと2匹のメスを飼育ケースの中に放した。
メスは、一目散に土の中に潜っていった。

子供たちには、「いい子になってると、ひょっとしたらメスが来るかもしれない」と言って聞かせた。

夜になり、私は敢えて子供たちに、飼育ケースの中に霧吹きをかけたり、昆虫ゼリーをあげるように指示をした。

案の定、子供たちは、ノコギリクワガタのメスの存在に気づき、大喜びをした。
私は、とても複雑な気持ちだった。

これによって、私の父親株は一段高になったが、何か不正な取引による恣意的な上昇のようで、素直には喜ぶことができなかった。

そして子供たちが、寝静まった頃をみて、私は独り、ひっそりと飼育ケースを覗きに向かったのだった。

つづく

| | コメント (0)

夏の自由研究(5)

カブトムシの短いツノの折れた断面からは、プチプチと体液の泡が出てる。

しかも、よく見ると足も一本折れてなくなっている。

傷ついたカブトムシに、私たちは為す術が無かった。

コイツは、もう長くないかもしれない・・・。

恥ずかしながら、私はカブトムシが「ひと夏」しか生きられないことを、今まで知らなかった。

確かに、子供の頃、夏になるとカブトムシを捕まえて飼っていたことはあるが、

大抵、途中で飽きてしまうため、飼育方法が悪いために死んでしまったと、

ずっと思っていた。

中世の賢人は、『メメント・モリ memento mori「死を想え」)』と言った。

「死」を忘れたところに「生」の意味も悦びもない(「生の円環運動」丸山圭三郎)

そして、カブトムシは日に日に弱り、やがて飼育ケースの隅のところで、うずくまる様にして死んでいた。

カブトムシが元気なうちに、たとえ買ってきてでも、メスをカップリングさせて、一発させてあげたかったなぁ、と、つくづく後悔の念に苛まれた。

aikoの「カブトムシ」の歌詞の気持ちが、少しだけわかった気がした。

数日後、深夜、オリンピックの野球放送を観ていたら、ついウトウトと居間で寝てしまった。

台所から「バタバタっ」という物音で目が覚めた。

何事かと思ったら、ノコギリクワガタが飼育ケースの中で暴れていた。

電気を点けたら、止まり木の上で、ピタっと動きを止めたが、その姿はまるで雄叫びをあげるライオンのように、雄々しいものであった。

ノコギリクワガタも越冬が難しいと聞く。

よし、わかった。

君に、ひと夏の思い出をつくってやる。

体力を温存して待ってろ!

私は、「ある事」を決意したのだった。

つづく

| | コメント (0)

夏の自由研究(4)

今回は、ネットでいろいろと調べ、我ながら用意周到、準備万端と言うべきチョイス。

飼育ケース、昆虫マット、昆虫ゼリー、産卵木など然るべきもの購入し、自宅近くで見つけたクヌギ木の朽木や葉っぱを勝手に取ってきて、子供達と一緒にセッティングをした。

周りから見れば、これぞ親子のほほえましい姿であり、男親としての株価を更に押し上げることとなった。

しかし、取ってきたクヌギの木や葉っぱに、どうやら小さいアリが付いていたらしく、飼育ケースからアリが発生してしまい、妻にイヤミを言われ、若干株価を下げてしまった。

だが、その木を水に漬けて、天日干しするなどの対策をとり、とりあえずこと無きを得た。

昆虫ゼリーを置くと、真っ先にむさぼりついたのは、カブトムシであった。

成虫なので、もうこれ以上大きくはならないことはわかっていても、

「いっぱい食べて大きくなれよ」

と、声をかけている自分自身がおかしい。

ノコギリクワガタをはじめとする、クワガタムシどもは、土の中に潜ったままである。

その生態から、クワガタムシは明るいとあまり活動しないらしいが、

私からすれば、

人様が食べるゼリーよりも高価な、昆虫ゼリーをくれてやっているのに!

と、自然の摂理ながらも、どうもおもしろくない。

素直に食べてるカブトムシは、かわいいヤツよのう。褒めて遣わす。

よーし、この素直ないい子のカブトムシに、とびっきり素敵なメスを連れてきてあげるからな。

と、次第に私はカブトムシの方をかわいがるようになっていった。

ところが、ある日のことだった。

2番目の子供が、このカブトムシを触りたいというので、まぁ少しくらいなら弱らないだろうと思い、飼育ケースから出してやった。

子供が短いツノのところをつかみ、持ち上げた時である。

「ポキッ」

って変な音とともに、カブトムシが床にボテっと落ちた。

あ~っっっ!!!

ツノが折れてしまったではないか!

つづく

| | コメント (0)

夏の自由研究(3)

そうこうしている内に、子供がヨメさんの実家に遊びに行った時に、クワガタか何かの幼虫をもらってきたりと、思いの他、大所帯になったため、私はもっと大きな飼育ケースを買ってこようと密かに決意していた。

そんな矢先である。
夜、車で踏み切りに差し掛かった時、線路の外灯のところでカブトムシのオスがひっくり返って、もがいているのを見つけた。

私は直ちに車を止め、慌てて駆け寄ってカブトムシを捕まえた。

やった、遂にやったぞ!カブトムシを捕まえたぞ!
私は車を引き返し、急いで家に帰って子供たちに、

「どうだ!」と、そのカブトムシを見せつけた。

そりゃもう、子供たちは大フィーバーである。
その日の後場終了間際に、私の父親株は、値幅制限いっぱいのストップ高までいき、年初来新高値を付けた。

絶対もっと大きな飼育ケースを買ってこよう。
今度は、売れ残りではなく、ちゃんとしたものを買ってこよう。
そして、次第に、それぞれのメスを捕まえてきて産卵させてやろうという野望を抱くようになっていた。

もし、うまくいけば、私の父親株は、更に上昇し、上場来新高値をつけるに違いない。
もう、この勢いは誰にも止められん。

私は仕事の合間を縫って、ホームセンターにより大きな飼育ケースを買いに向かったのだった。

つづく。

| | コメント (0)

夏の自由研究(2)

とりあえず時間もないので、近くのホームセンターで、小さな飼育セットを購入してきた。

私が子供の時は、こんな便利なものなんて売っていなかったよなぁ、と感慨に耽つつも、実は、「3割引き」の誘惑に負け、昨年の売れ残りと思われるものを買ってしまった。

まぁ、一匹だからこれでいいか、と思っていたら、その後また自動販売機の前で、コクワガタのオスを連続して3匹も捕まえてしまった。

もう、それだけで子供たちは大喜びである。

そして、今度は、カミキリムシまで捕まえてきて、子供たちに図鑑で名前を調べさせたりと、日頃停滞していた私の父親としての株は、ボロ株から脱却し、出来高を伴って大きく上昇し大陽線を付けた。

私は更に、プラスチックの止まり木では味気ないと思い、近くの山で木を切ってきて、エサの台木などを設置し、子供の図鑑で飼育の仕方などを熟読するとともに、ネットで検索し、ノコギリクワガタの知識を深めていったのだった。

ところが、このノコギリクワガタは土の中に潜りっぱなして、なかなか出てこない。
たまに出てきたと思ったら、飼育ケースの蓋の網の部分に、ツノをはさめしまって宙ぶらりんになり、死にそうになっていたりと、結構おバカなヤツということがわかった。

そんな、矢先である。

某旅館の専務から、自社の駐車場「コーカサスオオカブト」を捕まえた、という信じられない話を、本人の口から直接聞いてしまった。

多分、常識的には、どこかで飼育していたものが逃げ出し、ここの駐車場の外灯に寄ってきたんだろうと、その専務も言っていたが、

「国産カブトムシと比べ、あまりにもつややかな黒光りと、その大きさにたまげた。そもそも居るはずのないものが、目の前に現れて、もう笑うしかなかった。」

という、本当に俄かには信じがたい衝撃的な事実と、まるで宇宙人に遭遇したかのような感想は、周囲を大いに驚かせた。

私も見にいったが、図鑑と同じ、正に「あまりにもつややかな黒光り」した本物を見て、飼育ケース越しに度肝を抜かれたのだった。

そして「残念なことだけど、こんなふうにして、本来の生態系が乱れていくんだろうな」と、最後に言った専務の言葉は妙に納得するものがあった。

以来、私の一日の仕事の締めくくりは、自動販売機の前での昆虫採集となっていった。

まさかコーカサスオオカブトのような外来種はいらないが、せめてカブトムシか何か大物をという希望を胸にいだきながら・・・。

つづく。

| | コメント (0)

夏の自由研究(1)

この夏、生まれて初めて「ノコギリクワガタ」のオスを捕まえた。

っていうか、店の自動販売機の前にいた。

夏になると、いろいろな昆虫が、自動販売機や看板の灯りに誘われてやって来る。

一番多いのは、カミキリ虫、カナブンだろうか?コクワガタも散見する。

しかし、ノコギリクワガタのオスは初めての経験だった。

子供の頃にも捕まえた事がなかったのに、齢三十半ばにして、初めて捕まえた「ノコ」。

生ノコです!

そりゃもう、自分の子供以上に、大はしゃぎです。

何と言っても、買ってきたんじゃないんです!

捕まえたんです、私が。

しみじみ、眺めてみる。

う、う、美しい。

ノコギリクワガタがこんなにも美しいなんて・・・。

カブトムシにはない、この大胆で繊細な、大あごの曲線のフォルム。

す、す、す、素晴らしいぢゃないか、ノコぉ。

キミに僕はすっかり魅せられてしまったよ。

そうだ。キ、キミに、う、歌を君に進呈しよう。

曲名は「ノコ・その愛」。

ノコに抱かれて 男ならば
たとえ破れても もえる夢を持とう
ノコに抱かれて 男ならば
たとえ独りでも 星をよみながら
波の上を 行こう

ノコよ俺のノコよ 大きなその愛よ
男の想いをその胸に抱きとめて
あしたの希望を
俺たちに くれるのだ

ステキな歌だろ?ノコ君。

という訳で、「どうせ途中で飽きて、死ぬんだから、逃がせば」という家族の嘲笑に反して、この夏、私はノコギリクワガタを飼育することにしたのだった。

つづく。

| | コメント (0)

ふるさと再発見

ここ数年お世話になっている内科医院がある。

といっても、年に1~2回、カゼをひいた時くらいしか行かないので、まだ、通算で3~4回くらいだろうか。

実は、ここの先生がですねぇ、田山涼成 にソックリなんですねぇ。コレが。

「腰の引けた冴えない中年男性役に定評がある」(「ウィキペディア」)と言われ、2003年に大きな反響を呼んだ、「白い巨塔」の「佐々木庸平」役のあの俳優さんである。

私は、とにかく、「白い巨塔」で、財前教授(唐沢寿明)の強行な手術によって、死亡した佐々木庸平役の俳優というイメージが非常に強かったために、初めて診察してもらった時には、その妙味に顔のニヤつきを堪えるのが精一杯だった。

更に、先生の後ろに控える、看護婦が若くて結構かわいいので、その先生とのコントラストが、また一層の妙味を醸しだしており、

これが本当の「絶妙」ということなのか?

と、風邪で朦朧とした頭の中を駆け巡った。

保険が適用できて、ここまで面白いのは、わが町内では、恐らくここだけであろう。

この様な「妙味」は、「誰々に似ている」ということが始点なのだが、その似ている「誰々」が、「妙味」を感じさせる人でなければ、その延長線上には面白さはない。

身近な地域に存在する、誰も知らない「妙味」。

ふるさと再発見。

| | コメント (0)

一か八の会 3月定例会

2年前の夏から、「一か八の会」というのを主催している。

どういう会かというと、幹事役のHさんが作ってくれたものを転載すると、

何事にも明るく、前向きに取り組む仲間と、楽しくお酒を飲みながら、有意義な情報交換や互いの人脈を共有し、切磋琢磨する会・・・なのである。

基本的に「一」(コトのはじまりで縁起良し)か「八」(末広がりで縁起良し)の付く日に開催。(今年からは奇数月に開催)して、

毎回「人のつまみ」(毎回最初の30分間は、その人がテーマをもってスピーチ)で、美味しい酒を飲んで、ステキな仲間と盛り上がる。

昨日、3月1日は、その3月定例会 in 新潟駅前「いかの墨」

本日のつまみは、メンバーの某学校教諭のSさん。

テーマは「大人のための性教育講座」

Speach

本当にマジメな内容だったが、大いに盛り上がりました。

Ennkai

前回私は主催者でありながら、カゼでダウンしてしまい参加できなかったので、久々に会う人やはじめての方といろいろと話ができて、ヒジョ~に楽しかったです。

結局、飲み足りなかったのと、帰りの電車に間に合わなかったのもあって、幹事のH氏と

2人で古町で飲みなおし、ビジネスホテル宿泊。

楽しい仲間たちと飲むお酒は、ホント、いいなぁ。

次回5月の定例会では、某証券会社のM君が、経済関係について語る予定です。

| | コメント (0)

日曜には

毎週日曜日の夜は、芋焼酎を飲んでいる。

それは、なぜか?

NHK大河ドラマ「篤姫」を見るからです。

とりあえず芋焼酎は、気分を盛り上げるために、ドラマの舞台に近いものを選択。

当店にある焼酎では、「薩摩乃薫」が舞台に最も近いのではないかと思ったが、ここは変化球で、島津家の家紋がラベルに付いていた「さつま諸白(白麹の方」を選択。

ミニかんすけで燗付けしたり、面倒くさくなるとただのお湯割り。

日本酒と違ってなかなか減らない。

早く飲まないと、篤姫が江戸に行ってしまうではないか!

とりあえず、次の薩摩乃薫を飲むために、7:3で週三回飲み、さつま諸白を空けることにした。

ともかく、NHKの能書きがなんであろうと、幕末モノはおもしろいなぁ。

島津斉彬役の高橋英樹は安定感があるなぁ、と思いつつ、切モチのCMが脳裏をよぎる。

Hideki_5 






さて、来年はわが新潟が舞台となる「天地人」です。

毎週、日曜日は、高千代酒造の酒を飲みたいと思います。

Kanetuguhp   

高千代「兼続」(かねつぐ)

1.8L¥2,625

| | コメント (0)