« 盆がくる | トップページ | 成増地区・田上町児童交流会 2017 »

お盆が終わりました

ようやく、お盆が終わった。

お盆の最中の忙しい時に、

うちの建物の中で、

どういう訳か、ネズミ捕りの粘着板に「子猫」が引っ掛かり、

そしてまた、どういう訳か、


建物の変なところの隙間に入り込んでしまい身動きが取れない状態で発見された。

「にゃぁ~、にやぁ~」



と鳴き続けたため、わかったのだが、

私が知らない間に、


猫好きの従業員と、たまたま配達に来た業者さんが協力して、

建物の隙間から、その子猫を救出した。


******

その「救出劇」は、なかなか壮絶だったらしいが、

それはともかく、

その子猫は、ネズミ捕りの粘着板が後ろ足にベッタリと張り付き、

恐らく、何日もそんな状態だったのだろうか?

かなり弱りながらも、近づくと、

「フッー!」


と威嚇する気力は、まだあるようだ。


Dsc_0727

*****

さて、どうしようか?

と、考えた。

一番「楽」な方法は、田舎の利点を生かし、

山か、うちの畑とかに放置(捨てる)してくる。



残酷なようだが、カラスや然るべき動物が「処理」をするだろう。

けどな~。

子猫なんだよな~。

お盆に、あの世に行った人達が帰ってきているのに、

殺生はな~、

できないよな~。

*****

という訳で、獣医に持っていくことも考えたが、

とりあえず、インターネットで調べて、県の動物愛護センターに電話を掛けて、

相談してみた。

どうやら、そのセンターで引き取ってもらって、粘着板を外してもらって保護してもらえるようだ。


その引き取りのために、

センターから然るべき書類をFAXしてもらって、記入して、

地元の区長さんの署名をもらって、

その県の動物愛護センターから町役場に連絡してもらって、

500mlのペットボトル24本入りの段ボール箱に、

粘着板がくっ付いた子猫入れて、

町役場の町民課まで持って行った。

役場の職員は、偶然にも私の高校の同窓生だった。

まるで書類を受け取るように、猫が入った段ボール箱を受け取ってくれた。

*****

それは夕方の出来事だったので、

普通に、

「それって、いつ愛護センターに持って行くんですか?」


と尋ねたら、


「今日は、役場で預かって、明日の午後から運びます」

って、言ってたけど、

「それまで誰が面倒みるんですか?」

という、素朴な疑問が喉元まで出かかったが、

ここは、私も大人になって、

普通に、「よろしくお願いします」


と言って、逃げるようにして帰った。





****

まぁさ、

なんちゅうかさ、

子猫にしてみればさ、、

山に捨てられて、孤独に死ぬよりは、

翌日になれば、ちゃんとした所に運ばれて、


そのくっ付いたネズミ捕り外してもらうんだからさ、

全然いいじゃん!

今日くらい我慢しろよな。

って、心の中で、自分に言い訳するように役場を後にした。

**


念のために言っておくが、

鶴は恩返しにくるよね。



犬も、割と返すよね。

亀なんかはさ、竜宮城へご招待だよね。

これ以上は言わないけど、わかってるよな!


猫!

まっしぐらに、恩返しに来いよな!

Dsc_0736_2

舞鶴「鶴と油揚げ」本醸造

|

« 盆がくる | トップページ | 成増地区・田上町児童交流会 2017 »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/71460186

この記事へのトラックバック一覧です: お盆が終わりました:

« 盆がくる | トップページ | 成増地区・田上町児童交流会 2017 »