« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

夏の終わり

そういえば、8月上旬の「立秋」を過ぎ、

暦の上では、実はもう「秋」だ。


****

今日は、予想外に暑い日。

甲子園もまだ終わってないし、夏はまだ終わらない、

と言いたいところであるが、


周りの風景は確実に、夏の終わりを告げている。

ゆく夏に 名残る暑さは 

夕焼けを吸って燃え立つ稲穂


薄暮は紫に 

ふるさとは深いしじまに輝きだす

Dsc_0739_2

(荒井由美/「晩夏」からのパクリ)

やっぱり、改めて聞くと、ユーミンは古くて新しいな。


とりあえず、夏の終わりは一年で一番、悲しい季節。

Kanbaisai1

越乃寒梅 「灑 (さい)」 純米吟醸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ引き継ぎ

2泊3日の成増地区の交流会から、小学6年生と4年生の次男・三男が帰ってきた。

随分と楽しかったらしい。

来年は、こちらが「おもてなし」する方なのだが、

あんまり、ハードルを上げてもらうと困るんだが・・・。


と言っても、まぁ、実際のプランニングは役場の総務課の仕事なので、

そこらへんについては、私がどうこうする話ではないので、

まっ、関係ね~か、と思ったりして・・・。

それはともかく、子供達が喜んで帰ってきたということで、

町と板橋区に感謝。

****


この交流事業がが終わると、チームとしては、いよいよ世代交代の時期だ。

一年間は本当にあっと言う間だ。

全然ダメな父母会長だったが、次世代への引き継ぎの時だ。

そうそう、引き継ぎの時と言えば、

何年か前からやっている消防団の小型ポンプ操法の2番員を、

新人に引き継ぐことになった。

来週の日曜日におこなわれる、夏の定期演習では、新人が小型ポンプ操法に出場することになった。

年を重ねると、

段々と居場所がなくなり、

身の置き場所を考えねばならないということは、

こういう事なんだね、しみじみ思う。

Tojiroj552

マスカガミ J55S 純米吟醸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成増地区・田上町児童交流会 2017

お盆後の週末、

毎年恒例の東京都板橋区成増地区との2泊3日の交流事業に、

次男、三男が旅立った。

Dsc_0729

姉妹都市交流の一環で、夏休みを利用し、互いの少年野球チームが毎年交互に2泊3日で行き来している。

今年は、新潟から成増へ行く番である。

役場の駐車場で、バスに乗った子供達と帯同の監督・保護者、町の担当職員と町長を見送った。


Dsc_0731

Dsc_0732

Dsc_0734

*****

交流事業の3日間、

お調子者の次男と、割と「相対的」に賢い方の三男が、

我が家にいないので、無駄な争いもなく、実に静かだ。

末っ子の四男は、遊び相手がいないため、何だか寂しそうだ。


Dsc_0737_2




****

と思っていたら、

もう明日、帰ってくるんだな、これが。

もうちょっと長く、成増にいてもいいんだけどな~。

Masuf502

萬寿鏡 F50

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆が終わりました

ようやく、お盆が終わった。

お盆の最中の忙しい時に、

うちの建物の中で、

どういう訳か、ネズミ捕りの粘着板に「子猫」が引っ掛かり、

そしてまた、どういう訳か、


建物の変なところの隙間に入り込んでしまい身動きが取れない状態で発見された。

「にゃぁ~、にやぁ~」



と鳴き続けたため、わかったのだが、

私が知らない間に、


猫好きの従業員と、たまたま配達に来た業者さんが協力して、

建物の隙間から、その子猫を救出した。


******

その「救出劇」は、なかなか壮絶だったらしいが、

それはともかく、

その子猫は、ネズミ捕りの粘着板が後ろ足にベッタリと張り付き、

恐らく、何日もそんな状態だったのだろうか?

かなり弱りながらも、近づくと、

「フッー!」


と威嚇する気力は、まだあるようだ。


Dsc_0727

*****

さて、どうしようか?

と、考えた。

一番「楽」な方法は、田舎の利点を生かし、

山か、うちの畑とかに放置(捨てる)してくる。



残酷なようだが、カラスや然るべき動物が「処理」をするだろう。

けどな~。

子猫なんだよな~。

お盆に、あの世に行った人達が帰ってきているのに、

殺生はな~、

できないよな~。

*****

という訳で、獣医に持っていくことも考えたが、

とりあえず、インターネットで調べて、県の動物愛護センターに電話を掛けて、

相談してみた。

どうやら、そのセンターで引き取ってもらって、粘着板を外してもらって保護してもらえるようだ。


その引き取りのために、

センターから然るべき書類をFAXしてもらって、記入して、

地元の区長さんの署名をもらって、

その県の動物愛護センターから町役場に連絡してもらって、

500mlのペットボトル24本入りの段ボール箱に、

粘着板がくっ付いた子猫入れて、

町役場の町民課まで持って行った。

役場の職員は、偶然にも私の高校の同窓生だった。

まるで書類を受け取るように、猫が入った段ボール箱を受け取ってくれた。

*****

それは夕方の出来事だったので、

普通に、

「それって、いつ愛護センターに持って行くんですか?」


と尋ねたら、


「今日は、役場で預かって、明日の午後から運びます」

って、言ってたけど、

「それまで誰が面倒みるんですか?」

という、素朴な疑問が喉元まで出かかったが、

ここは、私も大人になって、

普通に、「よろしくお願いします」


と言って、逃げるようにして帰った。





****

まぁさ、

なんちゅうかさ、

子猫にしてみればさ、、

山に捨てられて、孤独に死ぬよりは、

翌日になれば、ちゃんとした所に運ばれて、


そのくっ付いたネズミ捕り外してもらうんだからさ、

全然いいじゃん!

今日くらい我慢しろよな。

って、心の中で、自分に言い訳するように役場を後にした。

**


念のために言っておくが、

鶴は恩返しにくるよね。



犬も、割と返すよね。

亀なんかはさ、竜宮城へご招待だよね。

これ以上は言わないけど、わかってるよな!


猫!

まっしぐらに、恩返しに来いよな!

Dsc_0736_2

舞鶴「鶴と油揚げ」本醸造

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盆がくる

気が付けば、盆だ。

周りを見渡せば、随分と稲が伸びているし、
相変わらず、子供達とたまにザリガニ捕りをしている。

Dsc_0711

Dsc_0726

そんなことをしているうちに、今年も残すところあと4か月ちょっと。


という現実に、本当にぞっとする。

******

8月上旬の土日。


無理矢理、休みをとって、次男以下の少年野球大会(県央選抜大会)の運営委員をした。

Dsc_0714

Dsc_0716

Dsc_0718

まぁ、運営委員と言いつつ、

実は、一日の大半は、冷房のきいた審判控え室で待機していたわけで・・・・。

Dsc_0719


それはともかく、


結果は一回戦敗退。


ガックリ。



******

一方、中学生の長男の合同チームで参加した市内大会はいい結果がでた。

Dsc_0722

優勝した日の夕方、合同チームの顔合わせの懇親会。

幸いにも祝勝会も兼ねることになった。

実は、私はこの日までの一週間、ある事情で全くアルコールを飲まなかった。

その反動と優勝のうれしさからか、

はめは外していないが、

若干、飲み過ぎた。

1502455156437

Dsc_0709_2 

KING OF MODERN LIGHT 純米大吟醸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ