« 「越の梅」の出荷がはじまりました | トップページ | 船中八策 槽搾り 黒(限定品) »

至 純米吟醸

今日は「夏至」。

一年の内で、昼間の時間が一番長い日。

「昼間の時間が一番長い」


と、言われても、なんか実感はないが、

「冬至」の日と比べると、実は5時間弱も違いがあるという。

基本的に「文系」なので、そんなふうに言われてしまうと、

「そう言われると、なんか今日は、昼間の時間が長かった気がするな~」


と、思えなくなくもない。

*****

今日は、店舗は休業日だが、

配達や、各種の設定、打ち合わせ、会議、子供を医者に連れて行ったり、

いろいろとあって、あっという間に「昼間」が終わった。


夜は、少年野球の練習日だったが、事務所に引き籠って、留守番電話を解除して、

本当に一日が終了。

ということで、今日は「夏至」の文字にちなみ、

「至(いたる)」という名前のお酒の紹介。


Dsc_0590

真稜「至(いたる)」純米吟醸

V6の坂本君の影響で、未だに品薄状態。

|

« 「越の梅」の出荷がはじまりました | トップページ | 船中八策 槽搾り 黒(限定品) »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/70928115

この記事へのトラックバック一覧です: 至 純米吟醸:

« 「越の梅」の出荷がはじまりました | トップページ | 船中八策 槽搾り 黒(限定品) »