« 金鶴 本醸造 | トップページ | 読売学童の申し込みに思う »

高千代 高温山廃仕込み 純米

夕方、小学1年生の末っ子と、

踏切を渡った先の桐タンス工房の脇を流れるいつもの用水路に、

「ザリガニ捕り」に行った。

Dsc_0607

初夏から盛夏、

ちょうど、トマトとかきゅうり、スイカといった夏野菜の露地栽培が出回る頃、

この「ザリガニ捕り」は、ここ何年か、我が家の風物詩となっている。

いつまで、末っ子が「ザリガニ捕り」を面白いと思って続けるかはわからないが、

我が家は、こうした金のかからない遊びは、大歓迎である。

Dsc_0608

Dsc_0614

捕ってもどうするわけもなく、最後は放流して帰ってくるのだが、

要するに、捕まえる事自体が楽しいのだ。

****


川や用水路とかで、網やバケツを持って、ザリガニとか魚を捕って遊ぶ子供が皆無なので、

散歩の途中の年配の方とかが、結構と声をかけてくれる。


「もっと、(用水路を)下った、○○の辺りの方が捕れるんじゃないか?」

とか、

ここよりも、たくさん捕れそうな場所を教えてくれたりしてくれるが、

そういう所は、大体、子供にとってはちょっと危険な場所なのだが、

昔は子供達だけで、そういう所に行っていたわけだ。

そういう声掛けを頂いた時は、「じゃぁ、今度行ってみます」的な言い回しで応える。

しかし、中には、

「それ、夕飯のおかず?」


と声を掛けられる場合があるので、

「そうです」

と答えるようにしている。

Dsc_0616

Dsc_0597

高千代 高温山廃仕込 純米

|

« 金鶴 本醸造 | トップページ | 読売学童の申し込みに思う »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/70987485

この記事へのトラックバック一覧です: 高千代 高温山廃仕込み 純米:

« 金鶴 本醸造 | トップページ | 読売学童の申し込みに思う »