« 紀元節に思う(本正 亀口直取り) | トップページ | 越乃雪椿 優秀賞受賞酒 »

ある意味、次男がうらやましい

インフルエンザのため、家の中の一室で「隔離」されている

小学校5年生の次男と、

今日の夜、この日、初めて会った。


一日ぶりに会った次男だったが、


一瞬、よそ子かと見間違った。

私が豪邸に住んでいて、あまりにも建物が大きいために、次男に会わない(会えない?)のではなく、


すぐそばの部屋にいる彼と会わないのは、お互いに顔を合わせる共通する時間がないからだ。

なんせ、小学生のくせに、彼は朝は10時過ぎまで寝ているし、

家族への感染を防ぐため風呂は一番最後なので、寝るのも遅い。


たぶん、私の方が小学5年生の次男よりも先に寝ていると思う。

次男は、熱はとっくに下がっていて、普通に元気であるのだが、

一定期間を置いた後に医師からの許可証がなければ、学校には行けない。

日中、彼が何をして過ごしているかは知らない。

うちは、テレビゲームの類が基本的にはないので、

どうも、レゴブロックとかで遊んだり、テレビを見たり、自分なりの過ごし方をしているらしい。

大人からみると、普通に、うらやましい。

もし、彼と同じ立場だったら、自分だったら何をするだろうか?

外出はできないので、部屋の中で過ごす何か。

しかも、熱は下がっているので、体力はある。

ならば、たまった本を読むか?

それとも、レンタルで長編の映画を見るか?


それとも何であろうか?

金はないけれども、時間と体力はある時間の使い方。


今となっては、これこそが最高の贅沢かもしれない。

まぁ、金はあった方がいいに決まっているけどね。

****

今更ながら「犬神家の一族」を読んでいる。

51aiojqr8cl_sx353_bo1204203200_

トイレで読んでいるので、そんなに進まない。


今から半世紀以上前に出版された推理小説だが、めちゃくちゃ面白い。

丁度、今、佐武(すけたけ)が生首を「菊」人形として飾られて惨殺され、

犬神家の遺産相続の鍵を握る野々宮 珠世が、

佐智(すけとも)によって湖のボートの上で無理やり睡眠薬で眠らされ、

犬神家所有の洋館に運びこもうとしているところだ。

読んだことがある人はわかると思いますが、


あの絶世の美女の、野々宮珠世が、睡眠薬で眠らされて無抵抗のまま、

佐智(すけとも)の目の前にいるんですよ!


奥さん!

狡猾な佐智(すけとも)は、珠世を手籠めにしようと計略したんですよ!

その佐智(すけとも)は、今、眠っている珠世を目の前で、彼女のあまりの美しさに興奮度がMAXなんですよ。














次が、気になりませんか?












あっ、もうこんな時間。



仕事に行きます。

って感じなんで、中々、物語が進まないんですよ。


次男のように時間があれば、一気に読んでしまいたいところであるが、

とりあえず、子供がうらやましい。

Tsurukoti1

こちのちゅる(こしのつるビギナー)

これであなたも日本酒デビュー

|

« 紀元節に思う(本正 亀口直取り) | トップページ | 越乃雪椿 優秀賞受賞酒 »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/69591254

この記事へのトラックバック一覧です: ある意味、次男がうらやましい:

« 紀元節に思う(本正 亀口直取り) | トップページ | 越乃雪椿 優秀賞受賞酒 »