« 彼の名誉のために | トップページ | 晩秋の椿寿荘 »

バブ

先日、ある取引先の業者会の忘年会があり、

そこで催されたビンゴ大会で、

入浴剤が当たった。


司会をしてくれた、取引先の常務が




「商品は『バブ』で~す!」

と言って、


48個入った結構と重い入浴剤を渡されたので、


「あぁ、『バブ』が当たったんだな」と思った。


その前に一応「お約束」で、

宴席にいたコンパニオンを指差し、

「景品はアレがいいです」

と言ってみたが、


普通に、「アレは、別途料金です」と言われたので、

おとなしく、その「バブ」をもらって席に戻った。


*****

二次会が終わり、三次会の途中で、

業種は違うが同じく出入り業者である近所のT田君と一緒にタクシーで帰ってきた。

「バブもらってきた」



と、その入浴剤を見せたら、家族が使えるものなので、普通に喜ばれた。


「バブ」は結構、高いんだから、心して使えよ!

と、まるで手柄を立てた武士のような気分だった。

Dsc_0128


今日、新しモノ好きの次男が、早速入浴に使ったようだ。



で、よくよく、

もらった「バブ」とやらを改めて冷静に観察してみた。


「バブ」は花王(株)の商品である。

どこにも「バブ」とは表記されておらず、


「白元アース」の「バスラボ」という商品名であった。

Dsc_0129



いわゆる「炭酸入浴剤」のことを「バブ」って呼ぶのは、


まぁ、セロハンテープのことを、総じて「セロテープ」と呼ぶのと同じ事なんだな、

と、思った。


******


ところで、「バブ」と言って、「瞬時に」想起されるのは、


私の世代では、


「バブ~!」

としか言わない(言えない)、「サザエさん」に登場する「イクラちゃん」であろう。

では、その「イクラちゃん」の苗字は?


「波野」。


それはともかく、

私は「サザエさん フネ後妻説」を密かに信じている一人である。

大体ね、サザエさんに於いて、

マスオさんのお兄さん(実兄)の名前を知っているだろうか?

マスオさんのお兄さん(実兄)は、「サケオ」という名前なんですよ、みなさん。


その「サケオ」さんのご長男(マスオの甥)は何ていうお名前か、ご存知でしょうか?

「ノリオ」って言うんですよ。




これって、おかしくないですか?


ノリスケ(海苔)×タイ子(鯛)=イクラ(鮭の卵)


「海苔」と「鯛」ですよ。


それなら、

サケオ(鮭)×(妻の名前は不明)=イクラ

の方が、理にかなっていると思いますよ、私的にはね。


にも係わらず、

サケオ(鮭)×(なんとか)=ノリオ(海苔) ですよ。

何故に、海苔と鯛をかけて「イクラ」になって、鮭と何かをかけて「海苔」になるのか?

まぁ、「川のり」ということも考えられますがね。

でもなんか、事情があると思いませんか?


このような「謎」を内包するが故に、私は「フネ後妻説」をする一人なのである。

Soutenbo2013shiboritate

想天坊 純米しぼりたて生原酒

|

« 彼の名誉のために | トップページ | 晩秋の椿寿荘 »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/68528284

この記事へのトラックバック一覧です: バブ:

« 彼の名誉のために | トップページ | 晩秋の椿寿荘 »