« 今頃のそんなこと | トップページ | 富山県魚津市に行って来ました(2) »

富山県魚津市に行って来ました(1)

先週の土曜日、家族で富山県魚津市に行って来た。

用向きは、長男が所属する中学校の野球部が、先月のオンヨネカップで出場権を得た、

「第14回中学校軟式野球交流会 魚津大会」の応援のため。

Dsc_0045

Dsc_0046

E藤氏は、単身で御出陣。


Dsc_0043



素晴らしい天気だった。

丘陵の中腹にある球場からは、富山湾を一望できるだけではなく、

背後にそびえる山々(多分、立山連峰)が美しいという、抜群のロケーション。

Dsc_0053


その球場の上には、更にサッカー場と思われる総芝生敷きのグランドもあった。

Dsc_0048


Dsc_0049



Dsc_0051

Dsc_0052

Dsc_0056


*******

本題の試合の結果は、「惨敗」にふさわしい内容であった。

Dsc_0044



実は、この約1週間前に2年生部員が左手に怪我をしてしまい、しばらく野球が出来なくなってしまった。

以前にも書いたが、長男が所属する中学校の野球部は、9人ギリギリの人数でやっている。

一人でも欠けると、試合に出場さえできないという、零細野球部だ。



その一人が怪我をしてしまったのだから、



そうなったからには、選択肢は2つ。



参加を辞退するか?

よそから人を借りてきて出場するのか?




結局、学校側の判断で「陸上部」から2人を借りてきて出場することになった。





第三者的には、参加する事に意義があるチームとなったように思う。



観戦していて、何となく「噛み合ってない感」のようなものが、重く圧し掛かっていたような感じだった。


確かに相手は「数段上の野球」をするチームだったし、

こちらは、凡ミスを連発。


実力差は、真摯に受け入れざるを得ないが、

それ以上に我々のチームは噛み合っていない感は、いい訳にしか聞こえないようだ。




初めて、コールドで負けた。

Dsc_0054


******

今回、私たちは「陸上部」から2名来てもらったわけだが、

つくづく、

あだち充の「陽あたり良好!」で、

野球部を救うために、応援団やらサッカー部やらから助っ人が来て、

試合に勝ってしまうというのが、

いかに「虚構」かという事を思い知らされた。

7b5787c4486a46b3914588b84fd62dd2


「陽あたり良好!」は1980年代初頭の漫画で、高校生の青春モノなのだが、

さすがに、30年前の価値観は通用しない。

つづく

Kakukanjyuku1

鶴齢 五百万石 寒熟




|

« 今頃のそんなこと | トップページ | 富山県魚津市に行って来ました(2) »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/68443407

この記事へのトラックバック一覧です: 富山県魚津市に行って来ました(1):

« 今頃のそんなこと | トップページ | 富山県魚津市に行って来ました(2) »