« 僕の右手 | トップページ | 田上町観光物産フェア(2) »

田上町観光物産フェア

シルバーウィークの3日間、

東京・日本橋の三越前にある「ブリッジにいがた」(第四銀行)に、

商工会の関係で、

田上町の観光物産フェアに出店してきた。

Dsc_1331

Dsc_1333

Dsc_1335


9月の三連休、


帝都は、どんよりとした雲と灰色の天気。


そして、

時々、雨。


*****

今回は、

諸般の事情により、私の先輩筋にあたるH氏の娘さんが、

大学生で都内にお住まいということで、

急きょ、アルバイトをお願いした。

Dsc_1330


「これが、あのH氏の子供?」

と、疑うくらい、いい子で、かわいんだな、これがまた。


若いことは、いいことだ。



それと、一応、新潟の地銀(第四銀行:TYO:8324)の施設ということで、

田上町を営業管轄する加茂支店の支店長と営業の方が、お手伝いに来てくれた。


営業の若い人には、当店保有の「青梅」をイメージした「帽子」をかぶって、

呼び込みをしてもらった。


Dsc_1332

Dsc_1336



おぉ、

第四銀行の企業カラーである「緑色」の法被と、

青梅の「緑」が、なかなか合っているではないか。


結構、雨に濡れたようだ。





そろそろ、クリーニングにでもだそうかな?





なんせ、4~5年前くらいに作って、一度も洗濯してないからね。



一度も洗濯していないって、内緒にしててごめんね、


第四銀行のWさん。


******


私が宿泊で、東京に来ているということで、

久々に、学生の時の友人と3人と一杯飲んできた。



卒業以来、みんなの「生業」や「ライフスタイル」は様々だ。




ただ、容姿を含めた「形態」はさほど変わってはいない。



しかしなぜか、みんなは、私の「頭髪の有無」を心配しているようであった。


ちゃんと、髪あるのだが・・・。



しかし、そういうことを心配される何かの要因が、

私にあるというのが、今日集まった友人達の共通の認識なのか?

どうなのか?




若干、「友情」を疑ってしまった。




******


久々に会う友人達との時間は楽しかった。


一見、あの頃と変らないように見えるが、



不可逆な時間の流れの中で、


みんな、それぞれの人生を歩んでいる。







二次会の後の帰路。

帰り道がよくわからない私を

同じ路線で帰宅するK口君が、私の宿泊するホテルの最寄の駅まで案内してくれた。





「この出口からは、あっちが南の方向だから、

ここから、あの道をまっすぐ行って、○個目の信号を左折すると、

てっちゃんが泊まっているホテルだから」



内心、「本当かよ!?」

と思ったが、

「ありがとう。じゃぁ、また」


と言って、そこでK口君と別れた。




K口君を信じて、彼の言う通りに「あの道」をまっすぐ歩いて、


言われたとおりに左折すると、

本当にその通りに、宿泊先のホテルに辿り着いてしまった。



あまりにも、彼の言うとおりになってしまったので、


うれしくなって、近くの「なか卯」で蕎麦食って、ホテルに戻ったのだった。

Tagamikantakenokojiru

たけのこ汁

美味しすぎ!

つづく

|

« 僕の右手 | トップページ | 田上町観光物産フェア(2) »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/67572779

この記事へのトラックバック一覧です: 田上町観光物産フェア:

« 僕の右手 | トップページ | 田上町観光物産フェア(2) »