« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

7月が終わります

7月が終わろうとしている。

つい、この前、7月になったと思っていたのだが・・・。


年を重ねるごとに、時間の流れが速い、と感じる。


ということで、夏もあと、ひと月だ。


多分、いろいろな行事ごととかで、また、あっという間に過ぎるんだろうなと思う。

Dsc_1217


******

先日の金曜日は、商工会青年部を卒業した、

昭和47年生まれ、48年生まれ、49年生まれのミニOB会。

この学年は、人数も多く仲がいい世代だ。

Dsc_1213

Dsc_1214


会場が、湯田上温泉近くの居酒屋ということで、


会費も「そこそこ」かと思っていたが、


いろいろと、「お呼び」して「延長」したこともあり、思いの他、高額な会計となった。

私は、手持ちが足りず、この画像の人から千円を借りた。


会計が終わり、程なくして「領収書」を手渡されたが、







OB会名目の経費で落ちる金額じゃねーだろーが!


って、くらい。




そして、〆のラーメンを食べている途中で、急に停電。


Dsc_1215


飲み会にハプニングはつきもの。



そういう訳で、これはこれで、随分と高くついた飲み会だったが、楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第42回 田上夏まつり

今年、42年目を迎えた田上夏まつり。


天候としては、ここ何年かで、一番恵まれたのではないかと思う。


飲料を販売する、当組合としては、実にありがたい天候であった。


Dsc_1211


と言っても、そこでの利益の大半は、この夏祭りの運営母体である振興協議会に入り、

今回の運営費に当てられるのだが・・・。


とりあえず、いろいろな反省点は当然あって、

それはそれで、来年に生かそうと思うのだが、

まずは、

商品の補充のため、倉庫と会場を行ったり来たり



ビール注ぎ

商品の補充のため、倉庫と会場を行ったり来たり



ビール注ぎ

商品の補充のため、倉庫と会場を行ったり来たり

祭り終了、片付け。



祭りの様子?





知らね。



うちの子、会場にいた?




知らね。




ともかく、会場にいながらも、全く祭りの様子がわからないという、
私自身のこんな一日の流れを改善しなければならない。




と、毎年のように思うのだが・・・・、



やっぱり「思うだけ」では、ダメなんですよ。




でも、ダメな私から何か買ってくださると助かります。


Takatiyoskyblue1

たかちよ スカイブルー


| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末の出来事など

先週の金曜日の夜は、取引先の業者会。


その納入先の社長とのジャンケンに勝ち、


なんと商品券5千円、ゲット!


但し、その商品券は、納入先でしか使えない。

Dsc_1208


*****

翌日の土曜日は、「第42回 田上夏まつり」の準備。

この伝統と格式ある夏祭りの実行部隊は、田上町商工会青年部。


私は、数年前に年齢規定により、もはや「青年」とは見なされなくなってしまったため引退。


この夏祭りに関しては、酒販組合の一員として出入り業者みたいなことをして、

辛うじて参加している。

Dsc_1209

Dsc_1210


******


唐突だが、


ここで、少年野球の話をすると、

毎年、「田上夏まつり」の時期は、読売学童中越地区大会に重なっている。


昨年に引き続き、今年も地区予選を勝ち抜き、その上の中越地区大会に進んだのだが、

結果は、延長戦の末の惜敗。


あの、河川敷のグラウンドでは、どうしても勝たせてはもらえないようだ。





昨年のことが思い出される。



学童の地区予選で敗退し、その後の、スポ少の地区予選では、決勝まで残り、

対戦相手の選抜チームと互角の試合をしたが、

あと、1点が届かなかった。



そして、最後の大きな大会である読売学童では、地区予選を突破し、

満を持して、中越大会に臨んだのもの、わずか、あと1点に泣いて敗退。



その1点の大きさや重さが、


時には、頭痛のように、

あるいは、皮膚を刺すように、身にしみた悔しい一年であった。


*****

そんなふうなことが思い出される中、

隣市の少年野球チームが、わが町で合宿ということで、


そのチームの影の監督?と自称するOさんから、

急なお誘いを受けて、同胞のWさんを誘い、



「ナイター」に参戦してきた。





やっぱり、Oさんの考えはいいな、思う。



Oさんの所属するチームは、ここ何年かずっと勝っていない。




が、少年野球を卒業した後も、中学校、高校と野球を続けていたり、

大きくなっても、何かあると少年野球チームに顔を出して、手伝ったり応援してくれたりする

子が多いそうだ。



それだけ、愛されているチームということであろう。


そもそも、

将来的にずっと野球を続けていく子を育てる、という長期的な視点の中での指導するというのが、Oさん的な考えである。



大人の小さな事情とか、わだかまりとか、




そういうのって、







いらねんだわ。








本当に目指すべきことや、大切なことってなんだろうか?




と、思いつつ、帰ってきたら0時頃だった。


明日は、夏祭りなんだけど、起きれるかどうか、

若干、心配気味・・・・・。


Tsuru2015icijyo1_2

壱醸21


| | コメント (0) | トラックバック (0)

セーブポイント

昨年、長男が所属していた少年野球チームを卒団したお父さん達と、

久々に、一緒に飲んだ。



書き方的に、少年野球を卒団して以来、

随分と疎遠となってしまったお父さん達と

会ってきたかのようだが、




実は、中学校の野球部にそのままスライドしているので、疎遠になっているわけでもなんでもない。



******

この日の日中は、中学の野球部が、3年生が抜けた後の新チームでの初練習試合。


車で約15分ほどの隣市にある中学校での練習試合だった。




私は、たまたま同じ方向の配達があったため、少し足を伸ばして、




チラっとだけ、練習試合の様子を見てきた。




*****

その夜の、お父さん達の飲み会の「酒の肴」の一つは、

子供達が属していた、少年野球の昨年一年間の試合のDVD鑑賞。



それは私が、まさか将来の「酒の肴」になるとは予想もせずに、ただ勝手に記録し続けていたビデオだ。


改めて思うが、


「固定」で撮影しているよりも、

いろいろな場面を撮影した、カメラワークのある映像の方が断然おもしろい。


特に対戦相手側から、自チームのベンチの様子を撮影することを是非おすすめしておきたい。


あの時の状況下での、監督がサインを出す様子やコーチの所作、子供達の位置とかで、

大体の当時のチーム事情が見て取れる。



一回でも負けたら終わりの公式戦では、特にそれが顕著だ。






****

そういう訳で、0時頃をめどに、飲み会もゲームセット。

遅い時間にもかかわらず、N野夫人からみんなそれぞれ自宅まで送ってもらった。


すごく助かった。



リリーフカーで、最後の帰宅までを締めくくってくれたN野夫人に、


私の心の中では、セーブポイントをつけたいと思う。



しかし、



確か、その前は、R石夫人に送ってもらった記憶がある。


ということは、




R石夫人 1S(セーブ)

N野夫人 1S(セーブ)




なかなか、いい感じ、じゃないですか!

クローザーはとても大事。


Kakujyunmaikarakuti1

鶴齢 純米超辛口



| | コメント (0) | トラックバック (0)

初陣

今年から、諸般の事情で「食品衛生指導員」になってしまった。


一昨日は、その巡回指導日であり、

「初陣」であった。


数名ほどの班に分かれ、

担当を振り分けされた約20軒ほどの飲食店や小売店、農家さんなどを、午前中いっぱい使って巡回する。

私が振り分けられた班では、

チェックシートの記入は、先輩格でありアニキ役の旅館の若旦那が行い、

私は、検便の容器配りとその集金と資料の配布係。


貴重な経験であった。


その夕方、私を含め新しく巡回指導員になった新人の紹介を兼ねた慰労会。


場所は、湯田上温泉、末廣館。


個人的には、久々に湯田上温泉での酒宴であった。


商工会青年部を卒業して以来、

温泉旅館での酒宴の機会が激減。



厳密に言えば、機会はあったが参加することができずにいたのだが・・・。



そういうわけで、久々の機会で、なんかうれしかった。


うれしかったので、

自宅までの約2kmの道のりを、

雨の中、傘をさして、とぼとぼと歩いて帰ってきた。


Kakusoujyun


鶴齢 爽醇






| | コメント (0) | トラックバック (0)

麒麟山酒造の新貯蔵棟 竣工披露式典

麒麟山酒造の新貯蔵棟 竣工披露式典だった。

Dsc_1181

Dsc_1183


新聞の記事も掲載され、公表されているが、


敢えて書くと、

総工費 約10億円也。


めまぐるしく変わる経済環境の中で、このような設備投資の意味は推し量るべし。


私なりの解釈だが、あーいうこうとを狙って、そーいうことなのだと思う。


新貯蔵棟の名称は「鳳凰蔵」。

Dsc_1182


*******

式典終了後は新潟市内に移動し、一流ホテルでパーティー。

パーリーピーポー(Party People)の様子は以下の通り。

Dsc_1189_2

Dsc_1191

Dsc_1194

Dsc_1197

*****

料理が運ばれてきた時、

「帰りは、絶対ラーメンだね」

と、隣席の出席者と話していたが、

コース料理は、これはこれでお腹が一杯になるし、

麒麟山酒造の酒にも合う。



会場の場所柄的に、

いわゆる、和と洋のマリアジュージュが云々、ということなのだが、



要するに、「国酒」である「清酒」というコンテンツを、

グローバルな視点で、どのようなアプローチでコミットし、

国内販売における小売店とのコンセンサスの中で、そのシナジーを如何に、シェアあるいは、トゥギャザーするのか?

そんな事を考えさせられたエクスペリエンスをした一日だった。

本当は、いろいろあってビジーな日々だったが、約一週間前出来事も、過ぎてみればいいメモリーなワンデイ。

Kirinzanpotari2015


ホタリポタリ キリンザン











| | コメント (0) | トラックバック (0)

第37回あじさいまつり「湯のまち巡り(第2回)」のこと(2)

7月3日(日)、あじさいまつり「湯のまち巡り」2日目。



雨。

Dsc_1171




護摩堂山登山口では、この「あじさいまつり」のメインイベント。


なかなかのいい雨なので、主催者に中止かどうかの問い合わせをした。


よほどの荒れた天候でない限りは、イベント続行とのこと。




・・・・・ですよね~(涙)




私は、この薬師堂前にいるため、登山口のイベントの様子はわからないが、

きっと、その登山口のイベントから、こちらの薬師堂がある、旧・温泉街に人が流れてくるのだろう。

たぶん・・・・。

Dsc_1159_2









それにしても、


雨、雨、雨。



雨に濡れ、鮮やかに映る、緑の木々、あじさいなど。


Dsc_1173


Dsc_1162

この紅葉が色づいたら、また一年が終わるな・・・。









しかし、

ぶっちゃけ、そもそも人が来ないと物が売れない。



販売不振で大打撃。







******


物販販売のテント前の薬師堂では、約半世紀ぶりに復活した「百万遍念仏」。

Dsc_1166


Dsc_1163

Dsc_1169

Dsc_1170


実は、我が家は、この薬師堂を管理するお寺の檀家だったりして・・・。

このイベントのために、2日間、薬師堂に張り付きだった、檀家の護寺会の近所のS石さん、T巻さん、2日間、大変お疲れ様です。

私も物販が振るわず、

雨に濡れた緑を見たり、本を読んだり。


午前中の「百万遍念仏」が終わると、午後からはより一層、閑散とした雰囲気。

閑さや 岩に沁み入る 雨の声・・・。


というわけで、既定の終了時間を1時間半ほど早めて撤収させていただいた。

Setyyubaijyunmai

雪中梅 特別純米

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第37回あじさいまつり「湯のまち巡り(第2回)」のこと(1)

雨に泣かされた、

第37回あじさいまつり「湯のまち巡り(第2回)」だった。





と同時に、

大変、生意気だが、

出店者の一個人としてもの申すならば、今後の改善が必要だと思う。



来年は、改善されて、きっといいイベントになると思います!



*******

必死になって、荷物を持って、苔むした石段の上り下りを繰り返した。

Dsc_1175




「湯のまち巡り」、当日。

薬師堂前にて、物販のための出店。











「開始時間に間に合わない~!!!」







という、切迫感、追い詰められた感。




そういう時は、「火事場の馬鹿力」が、でてしまう。





ビールサーバー(2台)、

5kgガス(2本)、

生樽(19L、ハイボール樽10L)、

500mlペットボトルのジュース各種(15ケースくらい)、

ノンアルコールビール小瓶(1ケース)、

コンニャク煮、ホタテ煮(2鍋)、

氷(いっぱい)、

どぶ付けクーラーボックス(1台)、

卓上コンロ(2台)、

その他備品(プラコップ、皿、箸など)、

Dsc_1174


高校生の女の子から手伝ってもらったが、

実質はほとんど、私が運んだようなものだ。












苔や雨で滑るからね。




ホント、気をつけてね。



手伝いましょうか?


























そんな言葉がある訳でもなく、

出店者のみなさんは、

それぞれで、自分たちのことで精一杯なわけで・・・・。


トドメに、ビールサーバーがありえないトラブル。




薬師如来を奉るお寺の前の出来事だが、

様々な困難にも係わらず、

救済の仏様である薬師様の瑠璃光がさすわけでもなく、

ただひたすらに、発汗。





私の日頃の、精進が足りないわけ?

忍辱。

Dsc_1154


*****

この後の夕方は、

中学校の野球部の慰労会。

店から料理運んだり、酒運んだり・・・。

つづく。

Tsuru2015icijyo1

壱醸21









| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕のブログの更新が滞る理由の内訳を聞いて下さい

ブログの更新が滞るのには、いろいろと理由があるのだが、

基本的には、仕事が終わって寝るまでの間に書いているため、

その間に何かがあると、すぐに滞る訳なんですが、

今回はその理由というか、いい訳というか、

みなさん、とにかく、その「内訳」を聞いて下さい。

********

7月1日 小学校のPTA三役歓送迎会。

会場は、私の家から徒歩5分ほどの場所にある料理屋さん。


私は、既に「三役」から外れた「顧問」という位置付けなので、

現場の段取りは、現会長、副会長がして、私はただ会費を払って飲んできただけ。


実は、その翌日は、先日紹介した「あじさいまつり」のイベントの一つである「湯のまち巡り」に出店しなければならないのだが、

そのための準備が終わっておらず、

翌朝5時起床で、アレやってコレやって・・・と頭の中で段取りしながら、

歓送迎会では、飲み過ぎないように意識的にセーブ。


結局、19時から始まった歓送迎会は、23時30頃終了。


ブログ更新なし。

*******

7月2日。あじさいまつり・湯のまち巡り 1日目。

予定通り5時起床。

いろいろ準備。


この日は、イベントの他に夕方に、愚息が所属する中学校の野球部の慰労会があり、

その料理や飲み物の準備を仰せつかったため、

それも大変気がかりで、限られた人員での作業に頭が一杯。


あじさいまつり・湯のまち巡り 1日目の様子は、後日更新予定。

Dsc_1154

Dsc_1156


ちなみに、その夕方の中学校の野球部の慰労会には、愚息と私とみどりさんも参加。

2次会を終え、いつもお世話になっている先輩のE藤氏と、W辺(M君の方)さんとタクシーに乗って帰宅。

多分、0時頃。

当然、ブログの更新なし。


*****

7月3日。あじさいまつり・湯のまち巡り 2日目。

諸般の事情により、大幅に販売品目をカット。

詳細は後日。

雨、雨、雨・・・・。

Dsc_1172



薬師堂での百万遍念仏など。


規定の時間から大幅に早めて撤収。

ただただ疲れた。

店に戻って、まつりで余った飲料や、前日の慰労会での片付けなど。

疲労困ぱいのため、ブログの更新なし。

****

7月4日。週明け月曜日。

筋肉痛。

あじさいまつり・湯のまち巡りの出店場所に、

商品を運ぶため、石階段の上り下りを繰り返したためと思われる。

Dsc_1175

Dsc_1174


足の痛さをかばうため、歩き方がおかしい。

特に寝起きが辛い。


詳細は後日。

筋肉痛のため、ブログの更新なし。


***

以上が、いい訳の内訳である。




なかなか、ダメな人間で申し訳ありません。

Hatitokujyunnama_2


八海山 特別純米原酒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »