« 豊醇無盡たかちよ カスタムメイド | トップページ | 村祐 茜色ラベル 亀口取り »

三条駅

かねてから、飲みながら、いろいろと話そうと言っていたI田君と、

ようやく一杯飲んできた。





I田君の地元の最寄駅は、JR東日本の三条駅である。

私の最寄駅からは、約15分くらいのところで、電車賃は240円である。




ちなみに、どうでもいいことだが、

Yahooの「路線」で、「三条」と入力すると、京都の三条駅が先に検索され、

私の最寄の「羽生田駅」からは、到着までに夜行バスに乗って9時間で約1万円、

飛行機などを使い、11時間ほどで約3万5千円くらいだそうだ。


******

この三条駅は、実は私が高校生の時に通学に利用していた駅である。

Dsc_1081


今となっては、全く利用する機会のない駅である。




なので、単純に、懐かしい。






三条駅にI田君が車で迎えに来てくれることになっているのだが、

ここで、ぼ~、と待っていても、もったいないので少し歩くことにした。




私の通っていた高校は、何年か前に老朽化のため移転し、

その更地になった跡地に、同じように老朽化のため新しく中学校が移転してきた。




それはともかく、とりあえず、三条駅から国道8号線に向かって、本成寺方面に歩き始めた。


駅の前には、「みなとや」。

老舗である。

Dsc_1082


懐かしい。

今も旅館業はやっているのだろうか?

店に入ってなんか買っちゃおうかな?

「ヤマザキ サンロイヤル」のファサードが往時が偲ばれる。

         ・

         ・

         ・

         ・

         ・

         ・

Dsc_1083


あっ、昔、セーブオンだったところが、新聞屋さんになってる!


ここで、チェリオのライフガードのペットボトルをよく買ったっけな~。


      ・

      ・

      ・

      ・

      ・

ひたすらに、本成寺方面に歩く。








入居者がいるのかどうかわからないような、昔ながらのアパート、

立派な門構えのお宅、

廃業した商店、

周辺の景観と全く調和していない、妙にオシャレな美容室の建物など。


Dsc_1084



うわ~、

お宅、いい感じに障子が破れてるし、外壁のさび具合もなかなか、いいね!


やっぱり、「わび・さび」は、日本の美意識の1つだね。


****

そういうわけで、歩いている途中でI田君の車に拾ってもらって、

田んぼの真ん中のような場所だが、結構繁盛しているI田君の近所の居酒屋で、

酒飲んで、言いたいこと言って、

最後に、レモンチューハイ飲んで、

タクシーに乗って、再び三条駅まで行き、

そこから電車に乗って羽生田駅に着き、

小雨ふる夜を、雨に濡れながら歩いて無事に自宅に帰ってきた。

更に風呂に入り、湯船の中で寝てしまい、

翌日の今日は、ちょっと体調不良。





「だからなんだ?」



と言われると困るが、


とりあえず、夏の酒。

Kakujyunmaikarakuti1

鶴齢 純米超辛口

|

« 豊醇無盡たかちよ カスタムメイド | トップページ | 村祐 茜色ラベル 亀口取り »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/65710669

この記事へのトラックバック一覧です: 三条駅:

« 豊醇無盡たかちよ カスタムメイド | トップページ | 村祐 茜色ラベル 亀口取り »