« 久々のキャッチボール | トップページ | 先週の出来事 »

田上梅まつりと山火事

4月3日(日)、「第18回 田上うめまつり」。

今年は、例年にない好天に恵まれ、気温も20度近くまで上昇。

温かい飲み物が、ほとんど売れないくらいにいい天気となった。

Dsc_0987

Dsc_0988

Dsc_0985

今年も酒販組合として、飲料や軽食を販売した。

地元の人や、町外の方など、ここ数年にない人出であったと思う。

来年も、是非、このような素晴らしい天候になって、

たくさんの人に梅の花を楽しんでほしいものである。

*****

さて、




実は、梅まつりの前日に山火事があった。

Dsc_0992_2

一万平方メートルを焼く山火事。

当該地区に当たる、地元の消防団が出動。

隣接地区ということで、私の所属する第一消防団も出動した。

Dsc_0983

小学校のプールを水利に放水。

Dsc_0984


一万平方メートルというのは、相当な面積である。

実は、この火事のあった場所のすぐ隣が、うちの竹林となっており、

その寸でのところで、火が消し止められたのだった。

黒く見えるところは、全て焼けた場所である。

相当、広範囲に及んでいることが見て取れる。

Dsc_0991


Dsc_0989

Dsc_0990

この道の先がうちの竹林であり、更にその先には集落がある。

このまま燃え広がれば、住宅を焼く大惨事になるところであった。



新聞にもあるとおり、原因はタバコのポイ捨てである。

「畑で作業をしていた男性が通報した」とあるが、


実態は、この「通報した男性」自身のポイ捨てしたタバコが引火し、

風にあおられ火事になってしまい、どうしようもなくなって、

消防署に駆け込んだ、ということである。

そもそも、タバコをポイ捨てする危険性は、わかるだろ?

その「畑で作業した男性」よ。

私は、タバコを吸うことを悪いと言っているのではなく、

しっかりと消さずに、ポイ捨てすることをとがめているのだ。

私は、この七十歳のバカなジジイのせいで、わが家の竹林が全焼間際の危機にさらされたので、

はっきり言って、怒り心頭である。


どうしようもない、ジジイである。

喉元まで出掛かっている言葉はあるが、ここでは、書かずに堪えよう。

オブラートに包んで言えば、モラルの低い年寄というのは、本当に見苦しい。

絶対に、あんなジジイにならないように気をつけよう。

|

« 久々のキャッチボール | トップページ | 先週の出来事 »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/64812837

この記事へのトラックバック一覧です: 田上梅まつりと山火事:

« 久々のキャッチボール | トップページ | 先週の出来事 »