« にいがた酒の陣 2016(1) | トップページ | にいがた酒の陣 2016(3) »

にいがた酒の陣 2016(2)

とりあえず、各蔵元のブースは一通り訪れた。

その途中で、知り合いに遭遇して話をしたりすると、

みんなバラバラにはぐれてしまう。

それは、私だけでなく、一緒に行ったH氏やE藤氏やSさんも同様である。



その度に、電話をかけて「今どこ?」みたいな会話をするのだが、

周囲の音の大きさに、着信に気付かず、

結果的に、何件もの着信履歴が表示されることになるのだった。

*****

ところで、今回、

E藤氏は、試飲の際に、注いでくれる人を、無意識に選別をしているようだった。

Dsc_0936

Dsc_0938


私もついつい、そんなE藤氏を撮影してしまうのだが、



その「然るべき被写体」を探し、


「E藤さん、あそこはどうでしょう?」


と、投げかけると、



E藤氏は、それを遠目から一瞥し、


納得をした場合は、

「じゃぁ、そこに行きましょう」と言い、

Dsc_0953




納得をしなかった場合は、

「あれは、マイナス金利」



と、

そこで試飲をしたら逆ザヤ、あるいは損をする、行くに値しないという

意味であろうか。

それとも、今後は、日銀の黒田総裁のように、「総裁」と呼べと暗に示しているのであろうか?

いずれにしても、

そのような、冷徹な言葉で、私の誘いを遮るのであった。

Dsc_0932

Dsc_0961

Dsc_0958

E藤氏 with 全然知らないカップル

つづく

Dsc_0933

Tsurupremuium

大吟醸並みです

奥さん、

越の鶴 プレミアムですよ!

|

« にいがた酒の陣 2016(1) | トップページ | にいがた酒の陣 2016(3) »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/64487300

この記事へのトラックバック一覧です: にいがた酒の陣 2016(2):

« にいがた酒の陣 2016(1) | トップページ | にいがた酒の陣 2016(3) »