« にいがた酒の陣 2016(4) | トップページ | みよしのの桜梅酒 »

東三条に再び参上

先日の火曜日、取引先様の移転リニューアルの、

取引先業者を対象としたプレオープンイベントに行ってきた。

場所は、新潟駅南。


21時前に会場を退出し、

一緒に参加したA酒造とH酒造の営業の方と、私の3人で駅前の居酒屋で二次会。


帰りの電車は、彼らは新幹線で、私は在来線。


彼らの新幹線の時間ギリギリまで飲んでいたので、

時間に少し余裕のあった私が、最後の会計を取りまとめ、

その居酒屋で別れた。

******

駅のホームには、私が乗る、新潟駅が始発の電車がすでに到着している。

余裕をもって席について、本を読む。



程よい、温かさと揺れが・・・・    

   

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    zzzzzzz

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

ハッ!

寝てしまった!

ここはどこ?

   ・

   ・

   ・

ふぅ・・・・・


  ・

  ・

  ・

  ・

3駅も乗り過ごしてしまった!


慌てて、電車から降りる。

Dsc_0967


確か、日曜日もこんなことがあったな。


まぁ、新潟行きの電車に折り返しの乗ればいい。


さて、何分待てばいいかな?

時間は、0時前。



電車、もうないね。




ホームには、私一人。






マズイ!


とりあえず、乗り越し料金を支払って改札を出た。



わずかな望みをかけ、みどりさんに、その駅まで迎えに来てくれるよう電話する。




回答は否。






仕方がない。



意を決して、タクシー乗り場に行く。


後部座席の扉が開く。

「すみません、○○まで、いくらくらい掛かりますか?」

「そうだね~、大体、5千円くらいかな~、お客さん寝過ごしたんでしょ?。

サービスしておくからお乗り下さい。」


「あっ、お願いします」


******

「駅から出てきて、電話している感じでわかったんですよ。

お客さん、家の人に迎えにきてくれって、頼んだでしょ?

でも、時間が時間だから、断られたんでしょ。」


「はい、そうです」




それから家に着くまで、

その運転手さんは、電車に寝過ごした客をどこまで送っていったことがあるか、

という経験談をひたすらに話し続けた。


それは、私に、「あんたよりも遠くの人もいるんだから元気だしなよ」

という、励ましだったのかは知らないが、

疲れた。


Kanbaitokusen_2

奥さん!

越乃寒梅 特撰 ですよ!

|

« にいがた酒の陣 2016(4) | トップページ | みよしのの桜梅酒 »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/64539010

この記事へのトラックバック一覧です: 東三条に再び参上:

« にいがた酒の陣 2016(4) | トップページ | みよしのの桜梅酒 »