« 話題のスポットに行ってきました | トップページ | 萬寿鏡「垂水酒」 »

「山田錦」生誕80年に思う

代表的な酒造好適米であり、

「酒米の王様」とも言われる、

「山田錦」が今年で、生誕80年を迎えるという。

昭和11年(1936年)生まれということになる。


ちなみに、1936年生まれの山田錦の同年生は、長嶋茂雄、市原悦子、野際陽子などがいる。

それと、「サザエさん」のフグ田マスオ役、「アンパンマン」のジャムおじさん役の声優でも知られる、増岡弘も同年生だ。

(敬称略)

*****

増岡弘と言えば、やはり「サザエさん」のマスオ役である。

ところで、「サザエさん」と言えば、

私は、「磯野フネ・後妻説」を密かに支持している人間の一人だ。


恐らく、サザエとカツオの年齢が13~16歳離れていることに端を発している都市伝説の一つで、御存じの方も多いかと思うが、


「磯野フネ・後妻説」とは、


実は、波平には、「海原 潮」という前妻がおり、

サザエは、この潮との間の子で、

カツオとワカメは、現在の妻であるフネとの間の子供であるという説である。

ちなみに「潮」は、サザエを産んで間もなく、病気か事故で亡くなっている。

したがって、サザエとフネには血のつながりはない。


****

先日、久々に高校の同級生と飲んだが、私はこの「後妻説」を力説してきた。

そうすると、友人たちは、

ネット上にある「磯野家系図」を、スマホで検索して私に見せて、


「家系図には、そんなこと、どこにも書いてないじゃないか」

と、必ず反論する。

恐らく、大半の人はそう言うだろう。



だが、それは違うんですよ。

あれは世間様に見せるための家系図であって、

本当の家系図は、そうはなっていないんですよ。

戸籍を調べれば、ちゃんとわかるんですよ。





****


話は飛んでしまったが、

前述の「山田錦」の親は「山田穂」と「短稈渡船(たんかんわたりフネ)」。

新潟県究極の酒米と言われる「越淡麗」は、

その「山田錦」が母であり、「五百万石」が父である。


話の流れ的には、

実は、「越淡麗」は、父・五百万石と前妻の間に生まれた酒米で、

その後、再婚した妻と間に・・・。



あっ、

それは「フネ」じゃなくて、「イネ」の方か・・・。



Takatiyoipponjyunmaidaigin1

高千代 一本〆 純米大吟醸原酒壜燗火入れ


ちなみに、「一本〆」の母は「五百万石」。父は「豊盃」。

五百万石は父であり母。

これが人間となると、話は相当ややこしいと思う。

|

« 話題のスポットに行ってきました | トップページ | 萬寿鏡「垂水酒」 »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/64090527

この記事へのトラックバック一覧です: 「山田錦」生誕80年に思う:

« 話題のスポットに行ってきました | トップページ | 萬寿鏡「垂水酒」 »