« そして僕は | トップページ | 文化の日の出来事など »

風立ちぬ

昨年来の懸案の事項が、ようやく終わりそうだ。

これによって、気持ち的には、かなり楽になった。

あとは、ひたすらにやるだけだ。

ちなみに、それは少年野球の事ではなく、もっと大人の話。

*********

気が付けば、周りの木々は随分と色づき、誰が見ても秋。

Dsc_0651





風立ちぬ 今は秋。

「風立ちぬ」

作詞 松本隆
作曲 大瀧詠一
歌 松田聖子




ここで、質問です。








「風立ちぬ」とはどういう意味でしょうか?










「風立ちぬ」という言葉は、


「風が立たない」


つまり、「無風」な状態。

ということではありません。

そうではなくて、逆に、


「風立ちぬ」とは、「風が立った」という意味です。









では、「風が立った」というのはどういうことかというと、



風が吹きはじめたという意味で、

今まで静かだった辺り全体に風が吹き始めた、ということなのです。

そんなことが、ネットのどこかのページに掲載されてました。

完全な受け売りです。


なるほどね。




ゆえに、松田聖子は、心の旅人になったのだろうと思う。

話の流れから言って、最後に

「風が吹く」っていう銘柄の日本酒の画像を載せるのが、

スマートだと思うのですが、

ここは敢えて、

Kirinzan04momiji_3


麒麟山 紅葉

11月になり、秋は深まっていますが、

深い意味がある訳ではありません。

明日から、がんばって、できるだけ更新しようと思います。

|

« そして僕は | トップページ | 文化の日の出来事など »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/62334608

この記事へのトラックバック一覧です: 風立ちぬ:

« そして僕は | トップページ | 文化の日の出来事など »