« 8月第一週の行事ごとなど(2) | トップページ | 諸般の事情で諏訪湖に行ってきました(1) »

8月第一週の行事ごとなど(3)

8月2日、日曜日。

昨晩はPTA行事である「親子宿泊体験」で、W辺・副会長に添い寝するかのように彼の敷物を間借りし、学校の教室に泊まり、

早朝、Y吉君の凄まじいいびきで目を覚まし、後片付けをして帰宅したら、

長男以下、野球組は既に出発しており、

家に残っていた子供は、幼稚園児の4男だけであった。

「パパ、くさい」

と言われつつ、

とりあえず、シャワーを浴び、朝食を食べ、歯を磨き、トイレに行き、さっぱりとしてから仕事に向かった。

子供達の野球の試合は絶対に観にいけないので、R石さんからのLINEのメッセージを待った。

******

準決勝は、積極的な攻撃で、コールドゲームまであと一歩のところまで得点を重ねるも、

終盤に打ち込まれてしまい、あれだけあった点差が、あと1点まで追い上げられてしまったようだ。

R石さんのLINEのメッセージから想像して、

「もう、だめだ」と思ったが、規定時間により試合終了。

土俵際、俵に足が掛かったところで、辛勝というところであろうか。

という訳で、いよいよ、決勝戦に駒を進めた。

田上ベースボールクラブは、ノーシードから勝ち上がってきて、

今大会の参加チームの中で一番多くの試合数をこなしてきた。

そして決勝戦の相手は、昨年、新潟県代表の全国大会出場チーム。

横綱に、十両力士が挑むような気持ちで、再び、R石さんからのLINEを待った。

****

結果は、11-6 で負け。

大差での敗北であったが、後でビデオで確認したら、「惜敗」と評価してもいい内容である。

確かに、試合に、特に「公式戦」であるからには、負けたこと自体は本当に悔しい。

それは、当たり前である。

けれども、本当に大切なことは、

「局地戦」に勝利することよりも、

一生に渡って野球を愛し楽しみ続ける「基礎」を養うことこそが、

少年野球の目的とするならば、

大局的にみれば、結果はどうあれ、そういう場面で試合をすることができたことは、

いい経験であったであろう。

大舞台はそれだけで、シビれるけど、

それでも、

相手チームの選手は君達よりも、もっと努力をしていて、そんな場面でも私たちよりも遥かに素晴らしいプレーをしている現実。

上を見れば、凄いヤツは沢山いる。

それは、大人の仕事の世界でも同じだ。

君達の見ている世界と寸分も変わらないはずだ。

だから要するにね、ナンチュウカね、

君達ね、

アノネ、

どうでもいいけど、今は野球を楽しめばそれでいい、チュウカネ、

中学、高校と進み、野球を続けていった時、

もしかしたら、

「楽しくない野球」をしなければならない、

かもしれないからチュウカね・・・。

******

この日は、急遽、ベースボールクラブで先月の読売学童、下田ライオンズ杯のお疲れさん会を兼ねて、公民館で慰労会をすることとなった。

子供達と6年生の保護者が中心であった。

いつもよりも早めに終わったはずだったが、

結局、二次会に行ってしまい、その店もラストオーダーとなってしまったため、

ようやく解散となった。

さすがに、家に帰って、ちゃんと風呂には入った。

こうして、私の8月第一週の行事ごとが終わったのであった。

Tagamiaoume

青梅氷り

|

« 8月第一週の行事ごとなど(2) | トップページ | 諸般の事情で諏訪湖に行ってきました(1) »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/61089319

この記事へのトラックバック一覧です: 8月第一週の行事ごとなど(3):

« 8月第一週の行事ごとなど(2) | トップページ | 諸般の事情で諏訪湖に行ってきました(1) »