« 下田ライオンズ杯 | トップページ | 力及ばず »

13回忌

7月12日。

恩師の13回忌のため、仕事の休みをもらって、会津若松へ行って来た。

先生のお墓がある天寧寺からは、会津若松市内が一望できる。

Cimg1795

この日は、快晴。汗ばむ初夏の暑さ。

久々に会う、A子さん、先輩方、後輩達、私のご学友達。

私も含め、みんなそれなりに年を重ねた。

しかし、O倉先輩や同級生のK口君は、何年経っても変わらないように見えたのは、

きっと私だけではないと思う。

Cimg17961

Cimg17981

Cimg17991

Cimg18051

場所的に、先輩方は当然、前の方。

つまり、正座。

若輩者の私たちは、その後ろに座ったのだが、幸いにもそこは「椅子席」。

般若心経など読経が続く。

焼香の時、足のしびれからくる、先輩方の不自然な歩き方は相当にヤバかった。

******

Cimg18091

Cimg18101

一番遠くは、熊本から教え子が参加。

「白岳」のカップがそれを物語る。

角瓶は私。

O先生からは、「豆鉄砲」で、K藤、K口達とともに角瓶を飲みながら勉強をさせていただいた。

Cimg18171

Cimg18181


******

法要は午前中に終わり解散となった。

というのも、私以外は、前日に東山温泉で宿泊し宴会.。

前日に十分に懇親を深めていたため、翌日の仕事のため解散となったのだった。

丁度、昼時ということもあり、お寺から割りと近くで、評判のお店で、同級生組と後輩で昼食をとることにした。

同級生のK藤と後輩のK原君は、「大名ソースカツ丼」。

私とK口は、ラーメンとミニソースカツ丼のセット。

W田君は、ラーメンと何とか丼のセット。

K藤達が食べた大名ソースカツ丼の「大名」たるゆえんは、

カツが2枚入っているところである。

Dsc_0490

Dsc_0491


満腹になったところで、私たちもそのお店で解散となった。

私は帰り道は、高速道路に乗らずに、ドライブがてら下道で帰った。

少し時間はかかったが、青空と緑が美しかった。

Cimg1824

再び、この看板を目にして、少しうれしかった。

Kengaikazeshizuku

風が吹く

|

« 下田ライオンズ杯 | トップページ | 力及ばず »

「今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/60730269

この記事へのトラックバック一覧です: 13回忌:

« 下田ライオンズ杯 | トップページ | 力及ばず »