« 田上ベースボールクラブ 第5回春季IBA(中略) 準優勝!!(後編) | トップページ | 桜満開 »

さらば、雪椿まつり

少年野球の決勝戦の翌日は、田上町野球連盟の開会式。

田上ベースボールクラブは、そちらに参加した後、午前中は練習。

そして午後からは、祝勝の懇親会。

私は、その日は毎年恒例の加茂雪椿まつりに、田上町商工会青年部として出店してきた。

加茂山公園野外ステージまで一旦、車で道具類や食材を運び、体育館脇まで車を移動し、徒歩で再び会場まで向かう。

Cimg0818

Cimg0819

Cimg0821

Cimg0822

今年は、青年部員の参加者が少なく、少人数で切り盛りしなければならない。

当日は天候に恵まれることがわかっており、人がにぎわうことが予想されたため、

当日参加者が少ないにもかかわらず、私の独断で、いつものフランクフルト、コンニャク、スパ棒、飲料の他に、焼きそば約150食を用意した。

加茂レンジャーショーのオープニングも始まり、人でにぎわうと、徐々に物販も忙しくなってきた。

Cimg0825

Cimg0826

Cimg0827

焼きそば係は、前々日に青年部同年のS田君をご指名。

Cimg0823_2

Cimg0828

Cimg0832

今年は、T田君の子供達が手伝いに来てくれたおかげで、とても助かった。

Cimg0833

Cimg0837

****

軽食系の出店者は、私たち田上町商工会青年部だけだった。

「昨年同様の出店数」という事前情報であったので、実は食材の方は、昨年並みにちょっと増量した程度しか準備していなかった。

ところが、行ってみたら、軽食系は私たちだけ。

私たちのテントの隣は、アイス屋さんなので、お腹にたまる食べ物でない。

凄い行列の末、13時の加茂レンジャーショーを前に、焼きそば、フランク、コンニャクが完売してしまった。

途中で店に戻り、せめて焼きそばの材料をもってこようと思ったが、それさえもできない忙しさだった。

残るは、スパ棒と飲料のみ。

スパ棒にも行列ができ、遂には在庫も尽き、行列の途中で完売。

Cimg0838

軽食系が私たちだけ、と聞かされていれば、十分な食材をもってきたのに・・・。

確かに完売したため、食材の損失がでなかったのは、それはそれでありがたいことだったが、その代わり、売り上げ機会を損失してしまった事は、本当に悔やまれる。

というか実は、オープニング早々、スパ棒を揚げるための中華鍋を持ってくるのを忘れてしまい、私は一旦、店に戻っている。

あの時、そういう予知というか機転が利いていれば・・・、

野球にたとえるなら、1点がほしい時の、スクイズ失敗のような後悔。

****

結局、片付けのために会場に車を入れられないため、人がひけるまで、最後まで普通に加茂レンジャーショーを見ていた。

Cimg0843

Cimg0840

Cimg0845

Cimg0851

加茂レンジャーは、相変わらずの完成度の高さである。

Cimg0856

私(左端)とS田君(右端)は、実は、青年部員としてはこれが最後の雪椿まつりの参加となる。

S田君も、一人で100~200食の焼きそばをつくる機会もないだろう。

なぜならば、私たちは、この5月の青年部総会をもって、年齢区分により卒業となるからだ。

つまり、商工会的には「青年」ではなくなるのだ。

なので今後、青年部員としての私のブログでこの雪椿まつりがネタになることもないだろう。

さらば、雪椿まつり。

楽しかったぜ!

Yukitsubakijyunmai

越後加茂 雪椿

|

« 田上ベースボールクラブ 第5回春季IBA(中略) 準優勝!!(後編) | トップページ | 桜満開 »

ふるさと再発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46368/55804007

この記事へのトラックバック一覧です: さらば、雪椿まつり:

« 田上ベースボールクラブ 第5回春季IBA(中略) 準優勝!!(後編) | トップページ | 桜満開 »