« 商工会青年部「秋の夜店」 | トップページ | さよなら夏の日 »

夏の自由研究(7)

飼育ケースのあるところは、敢えて電気を消し暗くしている。

私は足音を立てないように、そろりそろりと静かに飼育ケースに向かった。

私はまるで、「スターどっきりマル秘報告」

「寝起きのコーナー」の田代まさしのようだった。

相手は、女性アイドルではなく、クワガタムシなのだが、夏休みの子供達のアイドルであるという、「アイドル」という点では共通であろう。

「おはようーございます」と、

私は声を小さく細くして、つぶやきながら近づいた。

そして、合鍵で鍵音がしないように侵入する田代まさしのように、音がしないように飼育ケースの蓋を取った。

真っ暗でよく見えない、飼育ケースの中からは、

「カサカサ、カサカサ」

とクワガタムシが活動している音がしている。

当たり前だが、いくら気持ちは田代まさしになりきっているといっても、

さすがに、当時の田代まさしが、アイドルの飲みかけのジュースを舐めたりするように、クワガタの食べかけの昆虫ゼリーを舐めたりはしない。念のため。

暗くて、よく見えないので、私は、「いっせいのせい」で、電気をつけた。

そりゃぁ、もう、オスがメスに一所懸命にを語っていらっしゃいました。

急に明るくなったことで、クワガタムシのオスは動きを止め、

メスは「キャー、恥ずかしい~」と言わんばかりに、土の中に潜っていった。

オスの方は、

「ベ、べ、別に何もしてねーぜ。

ちょっと、メスにおんぶして、おしゃべりしただけだぜと、

なにかバツが悪そうに、うらめしいような感じだった。

私は、そんなクワガタムシをほほえましいと思いつつも、

君たちは、しょせん昆虫なんだから、私に遠慮することないよ

と言ってあげたかった。

私は、再び部屋の明かりを消してあげた。

そして、少し経った頃を見計らって、また、いきなり電気をつけた。

またまた、一所懸命に愛を語っていらっしゃった

そしてまた、メスは「キャー、恥ずかしい~」と言わんばかりに土の中へ潜っていき、

オスも「ベ、べ、別に、何もしてねーぜ」と、さっきの繰り返しになったのだが、

今度は、オスの方が

「オメー、いい加減にしろよな」

と私に言っているようだった。

「ちがう、そうじゃない」

と、私は田代まさしから、鈴木雅之で切り返したつもりだったが、

そんなことはクワガタムシが知る由もない。

私は、少し反省をしつつも、安堵して、電気を消し、眠りについたのだった。

つづく

|

« 商工会青年部「秋の夜店」 | トップページ | さよなら夏の日 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 商工会青年部「秋の夜店」 | トップページ | さよなら夏の日 »