ブログの更新が滞る理由そのⅡ

また、週末がやってくる。

世間様は、9月最後の連休だ。


一週間は本当に早い。



7月、8月は週末になると、結構、雨が降ってイベント関係は散々だったように思うが、


9月の週末は割と天候に恵まれている。

Dsc_0875


******

私は、普通に仕事だが、子供たちは大会やら練習試合やらで忙しい。

またその様子を撮影したビデオが、私の酒のつまみになるのだが、

長男(中学2年)、次男(小学6年)、三男(小学4年)が、

それぞれ別々の会場で試合がある場合は、

「誰の試合を撮影するのか?」

というのが、我が家の大問題となる。

なぜなら、我が家にビデオカメラは一台のみ。

私は、仕事なので観には行かないので、

嫁さんが行くのだが、

当然、体は一つなので、三人の内の誰かに付き添うことになる。

公正に見て、優先順位としては、

もしそれが「大会」なら、当然、練習試合よりも優先されるべきだ。


****

ところが、この土曜日は、三人とも練習試合。



さて、誰を撮るかだ。

次男は、約30km離れた会場で練習試合。

長男、三男は町内の中学校と小学校でそれぞれ練習試合。

私的には、ちょっと仕事を抜け出して観に行くには、町内でやってもらうのには、実にありがたい。


今回、次男の方は帯同できないので、


選択としては、町内開催の長男、三男になる。


***

本日、長男の通う町立中学校のオープンスクールと、

来週に迫った、それぞれの部活の秋の新人戦の壮行会。

Dsc_0876

大抵、中学校の新人戦は上位大会はないのだが、

これが終われば、あとは冬が来て、また春になって、いよいよ最後の大会だ。

それが終われば、今度は高校受験。


高校に行って、野球を続けるかどうかはわからないしな。

部活なんて、本当にあっという間だな~。

ということで、小学4年生の三男は、まだ先が長いので、

今回は長男の練習試合を撮影することにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログの更新が滞る理由そのⅠ

週末、子供達は野球の大会。


中学生の長男は、オンヨネカップの予選。


次男・三男は、隣市の近郷少年野球大会

私は仕事のため、基本的には観戦にはいかないのだが、

近くの会場であれば、

ふら~と店を抜け出し、ちょっと観に行く場合がある。

それ以外は、ビデオに撮ってきてもらって、

夜、仕事が終わった後で、酒を飲みながらそのビデオ鑑賞である。

まぁ、ビデオを内容によって、酒量が変わる。



*******

長男の場合。

2点をリードされて迎えた最終回。

一死、2・3塁。

一打同点のチャンスに、

打席には、


なんと!うちの長男。

おい、お前、大丈夫なのか?




相手投手は、決して、打てないような球ではない感じ。

あわよくば・・・、


もしかしてっ!

やばいよ、やばいよっ~!

ビールが進む。

ぐび。

ぐび、ぐび。

もう、ビールから日本酒に選手交代。

日本酒は、去年の売れ残りの「ひやおろし」。

原酒タイプなので、冷蔵庫で寝て、カドがとれて美味。

それはともかく、


頼むよ~、長男、打ってくれ~。

*

*

*

*





*

結果は、ボールがバットの先っちょに当たって、変なスピンしたファーストゴロ。

あっ~!

He's Out !

ガックリ・・・。

テレビの前で、私がうなだれている間に、次の打者もアウトになってゲームセット。

そりゃぁね、結果は、既に聞いているので、わかっていますよ。


けれども、改めて映像で見て、打ちのめされる。

*****

続いて、次男・三男の学童野球。

予選一回戦。


なんでか、小学6年生の次男の打撃が絶好調。



君の安打の1本を長男に分けてやってくれよ~、


と思いながら、観戦。

中盤の大量点で、一回戦突破。

その後、少しの休憩後に、


会場別の予選の決勝戦開始。

Dsc_0871

****


相手は、全て6年生で構成された、新潟市内の強豪2チームの合同チーム。

こちらは、3、4年生が入って構成された単独チーム。

相手チームは親が応援の音頭をとっている。

プレーをするのは子供なんだから、

子供同士が応援するのはいいとしても、

親達が積極的に音頭をとって、子供達を使って応援するのは、

ただうるさいだけでなく、子供達がプレーに集中できなくなるので、

私としては、腹が立つ。

酒の入ったコップを置く音が、次第に強くなる。

私は、学童野球で、

親があまりにも干渉しすぎる応援は、

はっきり言って、嫌いだ。

何のための、誰のための野球なのか?

高校野球の応援を真似した、

親の過度な応援とか、

あれって、何なんでしょうかね?

だって、そっちの方が盛り上がるって?

それは、「あなたたち」がでしょ?

一体、プレーをしているのは誰なんだ?

学童野球は、小学生のスポーツなんだから、

黙って、フィールド内の子供達のプレーを見守ってやったらいいんじゃないの?

大人なんだから、

少年野球チームという小さなコミュニティーなんだから、

本当にそれが必要なのかどうなのか、


考えて行動したらどうなんでしょうか?

と、

少なくても、私はそう思う。

私のような考え方は、もしかしたら「排除」されるべき意見なのかもしれないが、

価値観は、一つではない。

***

今回、愚息達の、中学軟式野球、学童野球は、勝ったり負けたりで、

結果としては、総じて予選敗退。

という訳で、私の方も、飲み過ぎて、ブログ更新も停滞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次男の陸上大会

長男が小学生の時、

彼が関わった学校行事は、

あまり観にいった憶えはないのだが、

なんでか、次男の方が観に行く機会の方が多いように思う。

*****

町内に2校ある小学校対抗の、5・6年生を対象とした陸上大会。

Dsc_0868

Dsc_0869

Dsc_0870

長男の時は一回も観に行ったことがなかったが、初めて観に行った。


今年は、運動会も観に行かなかったし、学校の体操着で走る子供の姿を見るのは初めてかもしれない。

実は、私にとっては、仕事柄、平日に行われる行事の方が観に行きやすい。

というのは、平日の学校行事の方が短時間で終わるものが多く、

「チラ見」して、さっと帰ることができるからだ。

運動会とか土日に行われる行事は、大抵、1日どっぷりとかかる行事なので、

なかなか、そういう訳にはいかない。

あと今回は、次男が良い成績だったら「勝手」に「ご褒美」を迫ることもないので、

それはそれで助かる話だ。

Kagehiya2

越乃景虎 ひやおろし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に越山

9月13日 水曜日。

毎年恒例の日本名門酒会の全国大会に行ってきた。

もちろん日帰りである。

会場は、新宿にあるいつもの京王プラザホテル。

つくづく、東京は人が多いな~、商売をするならやっぱり東京だよね、と思う。

一通り見て回った後、早々に会場を後にして、

南阿佐ヶ谷にある、「角打ち」をしているお店を見に行った。

******

杉並区役所を過ぎ、警察署の信号を左折し、大きなマンションを右手に見ながら、

アーケードのある商店街へ向かう。

そのお店の「角打ち」は店頭ではなく、店舗の奥に飲める場所があるという形態だ。

「秘密感」があって、


なるほどな、と思った。

向かいには小さな公園があり、そのすぐそばに自転車置き場。


夕方の時間帯は帰宅や、買い物とかで、引っ切り無しに誰かしらが、

その「角打ち」スペースの前を通る。

外の様子を、ぼ~っと眺めていると、たまに通行人と目が合い、

何となくバツが悪い。

****

都心から離れても、やっぱり、つくづく東京は人が多いな~、と思う。

しかし、その首都・東京でさえ、何年かのちには人口減少に転じることが予想されている。

地方からの流入によって、人口増加をしている東京が、人口減少するということは、

その時、地方は一体どうなってしまうのだろうか?

と、真剣に悩む。

2017年、秋田県の人口が100万人を割り込んだ。

新潟県の人口は約230万人。

移民の受け入れをしない限りは、新潟もいずれ100万人を割り込む時代がやってくる。

人口が減っているのにもかかわらず、

私の住む新潟の片田舎に大型店やらチェーンストアが続々と出店してくる。

これから、数年後や10年後、一体、この国はどうなってしまうんだろうか?

そんなことを思いながら、缶詰をつまみにサッポロラガービールの盃を重ねた。

Dsc_0865


****

私の席の向こうには、知らないオヤジが新潟の酒について、同席のカップルに延々と語っている。

状況としては、多分、そのオヤジは常連。

偶々一緒になったカップルと酒談義になったが、結果的にその常連のオヤジの一人語りになっていたように思う。

ビールを飲みながら彼らの会話を傍耳を立てて聞いていた。

私からしたら、

「ハぁ~? おっさん、何をいい加減な事、言ってんだ、コラぁ?」

という、


でたらめな、新潟や山梨の蔵元の話を、そのオヤジは得意になって話している。

そして、その話に対してカップルは、


「そうなんですか。だから何とかなんですね~」

とか言って相槌を打っている。

私は、「違う。そうじゃないんだ」と喉元まで言葉が出かかった。


しかし、帰りの電車の時間が迫っていて、あと数分しかいる事ができない。

あぁ、こうして、「口コミ」という形で、いい加減な情報が伝わっていくんだな、

と、

サッポロラガーと共に「反論」と「諦観」を飲み干し、

後味の苦さを残して店を出た。

Murayuu02akiagari

村祐 秋あがり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出来事など

地元開催の少年野球大会に、

開催地チームながらも予選敗退した翌日の日曜日。

小学生の次男以下の少年野球組は、三条市にある小奇麗な小学校で練習試合。

中学生の長男の方は、行政区分上は同じく三条市にある下田中学校で練習試合。

稲刈りが始まったのと、空の高さとか、空気の乾燥感とか、

夏が終わったな、

という過去完了感。

Dsc_0852

***

翌日の月曜日。

世間様は、一週間のはじまりだ。

倉庫の入り口を竹ぼうきで、掃こうとしたら虫に気付いた。

Dsc_0855

Dsc_0854

最初は全然気付かなかった。

そのまま、その竹ぼうきを使ってやろうかと思ったが、

一所懸命に「馴染んでいる姿」に、

敬意を表し、

そっと、

別のもう一本の竹ぼうきを手に取った。

Yukitsubakihiya

ゆきつばき ひやおろし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週の出来事など

9月7日。

当店から、約120km離れた湯沢町にあるホテルにて、

「鶴齢」の青木酒造の創業300年記念式典。

Dsc_0805

Dsc_0807

Dsc_0809

Dsc_0811

Dsc_0815

Dsc_0819

Dsc_0822

Dsc_0826

Dsc_0830

Dsc_0836

Dsc_0842_2

Dsc_0846_2

Dsc_0843

Dsc_0848

Dsc_0849

やはり、「やり続ける」というのは、
すごい事なんだな、と改めて実感した。

帰りの電車は、照明の不具合のため、

真っ暗なホームで電車を待った。

Dsc_0851

*****

9月9日。

第41回 田上町少年野球大会。

Dsc_0867

40年の開催実績のある歴史あるローカル大会だが、

2日前の、鶴齢の300周年からみると、

40年間が、一瞬かすんでしまう。

こちらは、開催地チームながら予選敗退。

Kakuhiya2

鶴齢 特別純米 ひやおろし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漁港のある町まで

9月になったばかりの、火曜日。

漁港のある町まで配達に行った。


Dsc_0803_2 

からりと晴れた青空は、

夏のギラギラ感が抜け、少し物悲しい気がする。


****

「海」と言えば、やはり「夏」。

大体、ヒットソング的には、


夏には、いろいろな出会いと別れがあって、

更に、山下達郎(「さよなら夏の日」)が言うには、


「夏」という「一番素敵な季節」

の後に、

「僕らは大人になっていく」ものだ。


けどさ~、

「私」としては、

自分自身、さほど大人になったとは思わないし、

どちらというと、

真夏よりも春から初夏の方が過ごしやすくて、

そっちの方がずっと「素敵な季節」なんじゃないかと、

体力的に思ってしまう年齢になってしまった。

***

それはともかく、あまりにも天気がいいので、

ドライブがてら、少し遠回りして、海岸線に沿った国道を北上した。

海沿いのカーブを 僕の白い軽のバン

曲がれば、夏も終わるんだよなぁ・・・・。

Tsuruhousyosm2_2

越の鶴 「本正」 Specially made

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石本酒造 創業百十周年 記念懇親会(2)

社長の挨拶にはじまり、

常務からの営業報告や、

杜氏からの百十周年祝酒「一輪一滴」の酒質説明。

私の席からは、なぜか檀上の人物がハレーションを起こして、うまく写らない。

Dsc_0773

Dsc_0774


Dsc_0776



******


乾杯は、当然、この祝酒。

Dsc_0785_2

精米歩合27%以外は、スペックは非公開。

非常に香り高く、会場内が吟醸香に包まれる。


Dsc_0781

Dsc_0782

まぁ、とにかく盛大な懇親会であった。

Dsc_0778

Dsc_0780

Dsc_0791_2 

Dsc_0793

銀座九兵衛の寿司。

普通に一貫食べてから、指摘されたので、慌てて撮影。

Dsc_0794

Dsc_0792

Dsc_0795

****

約2時間半の祝宴。

最後は、「鼓童(こどう)」の送り太鼓で、会場から退出した訳だが、

Dsc_0801

Dsc_0802

盛大な宴ゆえに、その終焉に、酔っ払った親父達をパーティーコンパニオンが整然と立って見送っている姿は、極めてシュールに見える。

しかし、出口に流れるように退出する酔客が「水」ならば、

見送りに微動だにしない、白い制服のパーティーコンパニオンは「山」。

そして「鼓童」の送り太鼓の音は、水の波紋のメタファー。

つまり、この宴の終わりは、「枯山水」を表現していると見做すことができるのではなかろうか?

要するに、新潟でも指折りの一流ホテルでの盛大で「瀟洒」な祝宴の中にも、

「枯山水」」という、

最後は、侘(わび)と寂(さび)という「閑寂」を表現するという美意識こそが、

「淡麗辛口」の中に感じる「旨味」であり、


この懇親会の最後の、


一見、不条理に見える絵柄、


これこそが、

「真味只是淡(しんみはただこれたん)」


という、新潟を代表する淡麗辛口清酒の真骨頂を表すレトリックなのであろう。




若干、意味不明な事を、

つらつらと綴った私が意図するところは、

ほのかに漂っていると思うが、

要するに、

2017年9月25日に、創業百十周年祝酒「一輪一滴」が発売されるので、

是非、当店でお買いもとめ下さい、

ということだ。

その意図を汲んでくれれば、実にありがたい。


Dsc_0785

越乃寒梅 百十周年祝酒「一輪一滴」(純米大吟醸)

720ml ¥23,000(税別)

予約承り中!

クレジットカード使えます!現金大歓迎です! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石本酒造 創業百十周年 記念懇親会(1)

9月、最初の日曜日。

新潟を代表する清酒「越乃寒梅」の蔵元の、創業百十周年記念懇親会に出席させていただいた。

2017年で、110周年ということは、1907年(明治40年)が創業の年ということになる。

1905年に終結した日露戦争のわずか2年後だ。

しかし、



やはり伝統産業の枠組みの中では、


江戸時代から続く蔵元から見れば、

100年以上の社史を誇る石本酒造といえども、


自らは決して「老舗」とは言わないところが、日本酒文化の奥深さの証左だと思う。



***

まぁさ、何だかんだ言ってもさ、

「越乃寒梅の石本酒造」と言えば、

誰もが知る、


「幻の銘酒」という、


タイトル保持者ですよ。




ということで、

「チャンピオン」にふさわしく記念懇親会の会場は、


新潟でも指折りの、ホテルでの開催。

Dsc_0771

新潟駅から向かうと、日本一長い川・信濃川を掛る万代橋をわたる。

Dsc_0768

あぁ、この川はどこから流れてきて、
そして、どこに向かうのだろうか?

美空ひばり的には、

ゆるやかにいくつも時代は流れていくんじゃね?

Dsc_0769

「越乃寒梅」が1960年代に「幻の酒」呼ばれるようになり、

半世紀以上が経過した。

昨年は、約40年ぶりの新商品「純米吟醸 灑(さい)」が発売された。

いわゆる「地方清酒」の姿は、半世紀前から比べれば、

首都圏の嗜好やメディアや販売者の「意向」により、

大きな変化をした。

良いか悪いかは別として、

歴史的な事実としては、

第一次地酒ブームの「源流」の一つは、

間違いなくこの「越乃寒梅」だ。

会場に向かうまでのこの川は、「越乃寒梅」を隠喩的に表現しているのかもしれない。

という事を考えながら、橋を渡った。

訳ではなく、後から付け加えました。

つづく

Kanbaisiroraberu

越乃寒梅 白ラベル

Dsc_0785

越乃寒梅 百十周年祝酒「一輪一滴」(純米大吟醸)

予約承り中! 

2017年9月25日発売!



つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「くじの日」に思う

9月2日は、

「くつの日」[く(9)つ(2)]。

みんな、

そう思っているに違いないと思うが、

いや、




やっぱり、

9月2日は、


「宝くじの日」[く(9)じ(2)]か?

******


本日、次男以下、少年野球組は、見附市でローカル大会に参加。

私は仕事で観戦には行かなかったが、


聞くところによると、

かなりの接戦だったようだ。


時間制限で同点だったため、エキストラ方式による延長戦。

延長2回でも、決着がつかず、

最後は「じゃんけん」。

結果は、5-4で惜敗。

とにかく、これは悔しいし、


試合で負けたののなら、実力差ということで納得するが、

「じゃんけん」で負けるというのは、

心の中では納得がいかないところも、

実は、ある。

しかしお互いに、いい試合をして、どちらも甲乙つけがたいとは言え、

トーナメントなので、どちらかが勝者と敗者にならなければならない、

というのは、それはそれで仕方がないことだ。

***


私としては、今日は「くじの日」なんだから、


「くじ」で決めてもらうと、



「じゃんけん」よりは、その結果に納得できたと思う。

だから、結果として負けたとしても、

「今日はくじの日だから、仕方ないよね」

と、みんな納得すると思うのだが・・・。


ちなみに、「くじの日」についての豆知識としては、

室町幕府の第6代将軍・足利義教(よしのり)は、

「くじ引き」で将軍に決まりました。

Dsc_0767

萬寿鏡 J55 Yamahai(山廃)

話の流れとしては、酒名の

「J55」の「J」は、

「じゃんけん」の「J」の略です。


たぶん、間違いありませんが、

蔵元には、確認しないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月になった

9月になった。


今年も残すところ、あと3か月だ。



私の商売としては、ここから12月まで加速度的に時間が過ぎて行く。


*****

今日は、小学校のPTAの文化祭関係の会合であったが、

いろいろあって、欠席。

閉店後、中学生の長男のトスバッティングのお付き合い。

本当は、私の方が、トスバッティングの打ち込みなんかよりも、

仕事の「伝票」の打ち込みをしたいんだけどな・・・。



と思いつつ、


「いい加減に、試合で結果出せや!」


と心の中で叫びつつ、ひたすらに無言で長男にトスを上げる。

今日、9月1日は「防災の日」だが、

全く防災とは関係のない、9月のスタート。

Dsc_0766

越路の紅梅 純米吟醸 越淡麗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の終わり

8月31日。

気候がどのこうのというより、


カレンダー上、


明確に「夏が終わったな」という感じである。

*****


夏の甲子園も終わったし、

NHKラジオ第一の「夏休み子供科学電話相談」も終わった。

「夏」と名の付くものは、すべからく、8月末日で一旦終了である。

***

うちの小学生、中学生の子供達は、8月末から新学期が始まったのだが、


とにかく、ギリギリになって「終わらせた」夏休みの宿題が大変だった。

ちなみに私は一切手伝っていないが、

「夏休みの宿題」の代表格といえば、

何と言っても、やはり、最も困難を極める「自由研究」だろう。

「自由研究」ということは、

つまり、

「フリースタイルリサーチ」なんだから、

「科学」ということに、

必ずしもとらわれることではない、


と言うことに、大人になってから気付く。

私の子供達は、「だから何が言いたいの?」という、

本人が何がしないのかわからないという、

底の浅い上辺だけの科学実験を、


「どこかからパクって」


やっつけ仕事で、まとめて提出したようだが、

もし、今の私が子供達の立場だったら、どんな自由研究をしようかな?

と考えてみた。

***

自由研究のテーマ、


そうだな~、俺も40も半ばだし、そもそも文系だしな~、

「夏の終わりはどうして寂しいのか?」


なんかどうだろうか?


たぶん、一生終わらない研究だ。







なので、却下。

Kakusoujyun

鶴齢 「爽醇」 特別純米

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴博に行ってきました

とあるセミナーで、長岡市にある県立歴史博物館に行ってきた。

Dsc_0761


歴史とは全く関係のない内容なのだが、

県の外郭団体が主催するセミナーだったため、このような県の施設が使用されたのであろう。

ちょっと早めに行って、展示を見学しようと思ったが時間の都合がつかず、

博物館に行きながらも、そこの研修室へ、ただ行って帰ってきたようなものだ。

この歴博が位置している場所は、長岡駅からバスで40分もかかるという、


要するに、誰が見ても、


車がないと思いっきり不便な場所に立地している。

土日はどうかは知らないが、やはり、平日の昼間は閑散としている。

Dsc_0762


歴史博物館としては、新潟県最大の巨大な施設だが、

その巨大さゆえに、平日の昼下がりの静寂さが、

たまらなくいい。



あまりの閑散さに負け、ミュージアムショップで、

衝動的に山本五十六の一筆箋を買ってしまった。

Dsc_0764_2


Dsc_0765

米百俵 大吟醸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミサイルに驚く

今朝は、日本中が北朝鮮のミサイル発射に、

随分と驚かされた。

スマホの警報からの何分間は、

どうしたらいいのか、わからなかった。

と、言いつつも、


まぁ、うちの場所は大丈夫だろうな、

と、妙に決めつけていた。

*****

私は新潟県に住んでいるので、

もし、新潟にミサイルが飛んでくるとすれば、

間違いなく「原発」が標的になると思う。

中越沖地震で、あれだけの衝撃に耐えた原発も、

やはりミサイルが直撃すればひとたまりもないだろう。

また、仮に標的が新潟でなくとも、ミサイルの破片や、

場合によっては、失敗によって落下してくるかもしれない。

そうなるとやはり、有事の際の行動は日頃から考えておかなければならないな、

と思った。

ところで、有事の際には、やっぱり地元の消防団も出動要請がかかるんだろうか?

ということを考えると、

それこそ、どうしていいのかわからない。

Dsc_0760

峰乃白梅 KING OF MODERN LIGHT 純米吟醸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月最後の日曜日の出来事

8月最後の日曜日は、地元消防団の定期演習。

今回は、小型ポンプ操法の県大会出場に向けた競技選考会だった。

Dsc_0753_2

所属の分団では、私は2番員をしていたが、この夏から若手に交代することになった。

なので、この日は諸先輩方と同様に選手のサポート係。

実は、昨晩の次男の合同チームの懇親会の酒が若干残っており、


残暑の照りつける日差しで、最初の開会式で倒れそうになった。

しかし、

私の上を行っていたのが、同じ分団で今回私の代わりに2番員の選手となったU田さんだ。


集合時間を過ぎても、やって来ないので、分団長が電話をしたら、



まだ寝ていた。



そこから、飛び起きて慌てて来たので、朝食も取らずに来たはずなので、

私よりは若いとはいえ、空腹でこの暑さは堪えたのではないかと思う。




競技会の結果は、12分団中、8位だった。

少ない練習時間の割には、みんながんばったと賞賛したいと思う。

Dsc_0750

Dsc_0752




*****


演習の後は、各分団ごとで、楽しい楽しい慰労会なのだが、


この日出勤予定の従業員が、急きょ、お通夜に行くことになり、


私がその従業員の代わりに普通に仕事をしなければならなくなったため、

泣く泣く、慰労会を欠席した。

****

この日の夕方。


その慰労会に参加していれば今頃、


「酒に飲まれている」楽しいひと時だったのであろうが、


そういう訳ではないので、


仕方なく、仕事の合間に、

子供達と、裏の神社でゴムボールで野球をした。

Dsc_0754

6歳の末っ子の、バッティングコーチは14歳の長男。

30年以上前に制定された、この「裏の神社球場」のローカル・ルールは、

あの公民館の屋根を超えたり、倉庫の屋根に上がればホームラン。

もしくは、左翼の杉の木やイチョウの木の隙間をライナーで抜け、

神社に隣接しているI澤さん家の農舎か車庫へブチ込むか。

Dsc_0756

この「球場」では、

屋根を超えるため高い弾道を狙った結果の、

「打ち損ない」がライナーなりゴロだ。


要するに、とにかくゴロを打つのは、つまらないという、

誰が決めたのかは知らないが、そういうローカル・ルールだ。



私は、30年以上前の小学生の時から、そういうふうな思考で育っているので、

正直なところ、

「狙って」ゴロを打つことに、

いまだに、若干の違和感というか抵抗感があることを告白しておく。

まぁ、なんでもいいけど、

本当は、慰労会で騒ぎたかったが、これはこれで楽しかった。

と自分を慰めたい。

Dsc_0759_2

北雪 遠心分離 純米吟醸 赤ラベル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次男の合同チームの顔合わせ会

8月最後の土曜日は、

小学6年生の次男の少年野球の合同チームの顔合わせ会。

この合同チームは、隣市にある2つの少年野球チームに、うちのチームを含めた、
3チームの6年生から編成されている。

うちのチームは、毎年お盆を過ぎに、

姉妹都市の板橋区成増地区との交流会を大体の区切りとして、

新キャプテンを決めたり、保護者会の方も新しい父母会長を決めたりする。

この頃になると、上位大会に進める大きな大会は、全て終わり、
あとはローカル大会と新人戦に向かって活動することになる。

そうして、徐々に新チームがメインとなっていき、

6年生は、大会以外は、自チームからフェードアウトするように、

合同チームの活動をメインにするようになる。

まぁ、他のチームも大体、同じような感じだと思う。


********

実は、8月の上旬に、近郷の5チームの代表者会議があって、

チーム分けをした。

そういう訳で、この土曜日は初めて、3チームで合同練習をして、

その日の夜は顔合わせや、主将を決めたり、ユニフォームを決めたり、諸々のを兼ねた懇親会となった。

子供達だけでなく、大人もいろいろと話ができた楽しい夜となった。

S__21200904


二次会は、今年の初めに隣市のチームの新年会での二次会場だったスナックで、

お父さん達で今後の日本経済について語り合った。









・・・・・・、たぶん、そんな話をしたと思う。



その二次会での様子を、スマホで撮影しようと思ったが、

気が付いたら、電池がなくなっていて、

真っ暗な画面のまま、うんともすんとも言わなくなっていた。

*****

2時間ほど、そのお店にいたであろうか?


23時を目途に、私は翌日、地元の消防団の演習のため、

「帰りたいモード」。

それを潮時に、みんなでタクシーで帰宅した。

今回の合同チームの子供たちの野球の実力は、強いのか弱いのかは未知数であるが、

少なくても、

合同チームのお母さんたちは、「酒」が強いことがよくわかった。

Dsc_0758

鮎正宗 生貯蔵酒「初鮎」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイキング オブ たけのこ汁

先日、「田上特産 たけのこ汁」のCM動画の撮影をした。

Dsc_0740

Dsc_0741

どんな出来上がりになるかは、後のお楽しみだ。

実は、昨年、私が台本を書き、ドラマ仕立てのCM動画を企画したのだが、

見事に失敗した。

結局、協力してくれたI田君が何とか編集して1分ほどの動画にしてくれたが

鑑賞に堪える動画を撮影・編集することが、いかに難しいかということを痛感した。

かつて私は、高校生の頃、某結婚式場で披露宴のビデオ撮影(VHS)のアルバイトをしていたくらい、映像関係には詳しいつもりだったが、

今になって、やはり私は、企画とか台本とかを書く方が向いていると思う。

Tagamikantakenokojiru

Tagamikantakenokojiru3

****

ところで、先日の町長に要望書の提出した件で、早速に「越後ジャーナル」さんが、とてもいい記事にしてくれた。

1503666983114

一人でも多くの人から共感してもらえるとありがたいし、

これは「野球」に限ったことではなく、他のスポーツでも当てはまることだ。

Tagamikantakenokojiru

越後・田上町 掘りたてたっぷり たけのこ汁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町長に要望書を提出した訳だが

本日、田上ベースボールクラブで町長に要望書を提出した。

今井町議のご尽力により、今回、町長に直接お話しをさせてもらう事が実現した。

また、地元の新聞社も2社、取材に来てくれた。

私は、偶々、当該の父母会長ということで、町長の隣で話をさせてもらった。

Dsc_0744




******

やはり、「彼方を立てれば此方が立たず」


と、いうことではなく、

大義を掲げた上で「三方よし」の落とし所に納まってほしいと思う。

「やさしさと豊かさでキラリと輝くまち」を目指す、

その「采配」をお願いしたいところである。

いずれにしても、今日の出来事が、

少年野球だけでなく、地域のスポーツ少年団の将来への希望の嚆矢となれば、うれしいかぎりだ。

Dsc_0747_2

高千代 高温山廃 純米大吟醸 おりがらみ 生詰 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宅飲みで、世の中は厳しいと再認識した件

一昨晩は、久々にE藤邸にて宅飲み。

四合瓶の純米生酒を持参。


********

話題はいろいろ。

Kボール選抜の話やら、高校進学の話やら、就職の話やら、北朝鮮のミサイルのことやら。

まぁ、概ね、中学校の野球部の話。


現在、うちの長男が中学2年生で、野球部に入っている。

しかも、6人しかいない野球部の主将だ。

そもそも、

野球というスポーツに関しては、うちの長男は、別に才能や体格に恵まれている訳でもないし、

学童野球からの延長で地元の公立中学で、軟式野球を続けているに過ぎない。


****

野球にかかわらず、

スポーツ全般で、

ある競技で、子供に本気でぶっこんでいる家庭からみれば、

うちなんかは、相当に「ぬる~い」家庭だし、

自分の子供がスポーツの世界で生きていくことは、


そもそも本来の「生息場所」だとは、本心から思ってはいない。

ただ、もし突然変異が起こっているならば、

「妙な期待」は、

やっぱり、するね。

しかしながら、それは宝くじで一等に当たるようなものだし、

やはり、今日においてスポーツの世界でプレーヤーとして活躍し、

それを生業とするには、

そこに至るまでの、「経済力」「時間」「才能」は最低限の必須条件だ。

ついこの間、終わった「夏の甲子園」を観ていても、つくづく思う。

結局、スポーツ強豪校の私学高校が優勝したわけだが、

ぱっと思いつくだけでも、学費だけでなく、寮費やら部活動費、道具代、遠征費など、

公立校と比べて、随分と差がある話だ。

うちは、どれをとっても不足しているので、

然るべき生き方をしなければならない。

***

しかし、

もし、その「突然変異」を誘発するのが、

「指導者」であったとするならば、

環境的に、

そういう「巡りあわせ」に遭遇するのは、万が一以下の、

ほぼありえないことと認識するのが現実的なんだろうな、

と、Kボール選考会の話を聞いて、そう思った。

世の中は厳しいよなぁ。

Itinikurakizuna

一ノ蔵 「3.11未来へつなぐバトン」特別純米生原酒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の終わり

そういえば、8月上旬の「立秋」を過ぎ、

暦の上では、実はもう「秋」だ。


****

今日は、予想外に暑い日。

甲子園もまだ終わってないし、夏はまだ終わらない、

と言いたいところであるが、


周りの風景は確実に、夏の終わりを告げている。

ゆく夏に 名残る暑さは 

夕焼けを吸って燃え立つ稲穂


薄暮は紫に 

ふるさとは深いしじまに輝きだす

Dsc_0739_2

(荒井由美/「晩夏」からのパクリ)

やっぱり、改めて聞くと、ユーミンは古くて新しいな。


とりあえず、夏の終わりは一年で一番、悲しい季節。

Kanbaisai1

越乃寒梅 「灑 (さい)」 純米吟醸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«そろそろ引き継ぎ